XM Tradingでビットコインは取引できない?XMの仮想通貨CFDについて

ビットコイン 仮想通貨 CFD

XM Tradingでビットコインは取引できない?XMの仮想通貨CFDについて

投稿日:

XMでは2018年7月現在ビットコインの取引は停止中

2017年は仮想通貨元年とも呼ばれ、ビットコインを始めとする仮想通貨の価格の急騰がニュースなどでもたくさん取り扱われていました。
仮想通貨はFXや株と同じように価格変動で利益を出すことができ、中には、何千万円、何億円という利益を出したという人もいます。

そんな仮想通貨の台頭を受けて、XMでも仮想通貨をCFDの銘柄の1つとして採用する動きが出始めました。
始めにビットコインが採用され、その後はダッシュ、イーサリアムなど全部で5種類の仮想通貨ペアが取引できるようになりました。
しかし、2018年現在、XMでは全ての仮想通貨ペアのCFDが停止されています。

今回は、仮想通貨CFDが停止になった経緯や、復活の目処、かつてのXMの仮想通貨CFDの取引方法について解説していきます。

なぜXMでビットコインなどの仮想通貨CFDが取引できない?

XMの仮想通貨CFDのページでは、以下のようなお知らせが掲載されています。

XM Tradingでビットコインは取引できない?XMの仮想通貨CFDについて

難しい言葉が並んでいますが、これがそのまま「なぜXMで仮想通貨が取引できないのか」という理由になっています。
一つずつ紐解いて行きましょう。まずは、①、②の文章から。

まずよく分からないのが「リクイディティープロバイダー」という言葉だと思いますが、これは日本語の直訳で「流動性の提供者」となります。
一体どういう存在かというと、XMがトレーダーから受けた注文を最終的に流す相手になります。
FXで言えば、銀行です。
このリクイディティープロバイダーがしっかり機能していないと、当然CFD取引は成立しなくなってしまいます。

つまり、「仮想通貨市場には信頼性の高いリクイディティープロバイダーの存在に欠ける」というのは、仮想通貨市場の流動性を担保する信頼できる業者がいないということになります。
XMの約定率や約定速度は、信頼できるリクイディティープロバイダーあってこそなのです。
最終的な決済がきちんと行われないリスクがある仮想通貨CFDでは、トレーダーもXMも損してしまう可能性があると判断したということです。

急高騰と急落を繰り返す仮想通貨CFDはもはやギャンブル?

XM Tradingでビットコインは取引できない?XMの仮想通貨CFDについて

続いて③の文章です。
分かりやすく言い換えると、「仮想通貨の価格変動が大きすぎて、トレーダーが多額の損額を被る可能性を懸念している」ということです。
FXにおける価格変動に比べて、仮想通貨市場の価格変動はまったく比べものにならないくらい大きいです。

実際、ビットコインは2017年12月に238万円という最高値を記録したその2ヶ月後、64万円にまで値下がりしています。
下落率で言うと驚愕の73%です。
ドルで考えてみると、1ドル100円で取引していたと思ったら2ヶ月後に1ドル27円に急落しているのと同じ事です。
このような激しい値動きは仮想通貨市場以外にはあり得ないと言えるでしょう。

XMを始めとする海外FX業者は、利用者が儲かって取引をどんどんしてもらうことで初めて利益が出ます
価格の急落によって損害を出されてしまっては、XM側も困ってしまうということです。
そのため、仮想通貨市場独特のギャンブルとも言えるCFD取引は、XMでのCFD取引銘柄から弾かれてしまったのです。

XMでビットコインの取引ができないのは良心的なFX業者の証とも言える

ビットコインの取引ができるって聞いたからXMに口座新設したのに!という方も中にはいるでしょう。
しかし、XMも利用者に意地悪をするために取引を停止してるわけではありません。
実際、XM側としては利用者に利益をどんどん出して欲しいと考えているからです。
その理念があるにも関わらず仮想通貨CFDを停止しているということは、仮想通貨CFDで利益を出すのがそれほどまでに難しいことだということなのです。

実際、仮想通貨市場のバブルはすでに弾けたと言っても良い状態で、取引量も全盛期のわずか25%とも言われています。
もはや、仮想通貨の取引はFXよりもはるかにハイリスクな取引であると言わざるを得ません。

XMのような利用者を第一に考えるFX業者だからこそ、仮想通貨取引をしない方が良いと警鐘を鳴らしているのです。
もしどうしても仮想通貨の取引がしたいという場合には、現在ではXMの利用を諦めるしかありません。
さらに、大きな損失を生むかも知れないリスクを理解した上で、取引を行って下さい。

XM Tradingで扱われていた仮想通貨ペア

XMでは仮想通貨CFDは全ての銘柄で取引が停止になっていますが、現在でもXMでの仮想通貨取引について情報を得たいという方は多いです。
また、今後仮想通貨CFDが再開する可能性もないわけではありませんので、ここで一度XMの仮想通貨CFDについて情報を整理しておきましょう。
XMで取り扱われていた仮想通貨銘柄は、以下の5種類です。

BTC/USD:ビットコイン/米ドル
DSH/USD:ダッシュコイン/米ドル
ETH/USD:イーサリアム/米ドル
LTC/USD:ライトコイン/米ドル
XRP/USD:リップル/米ドル

ご覧の通り、仮想通貨市場における取引量が多い大手仮想通貨ばかりです。

今後ビットコインの取引再開はあり得る?

XM Tradingでビットコインは取引できない?XMの仮想通貨CFDについて

そして一番気になるのは、今後XMでビットコインを始めとする仮想通貨CFDの取引が再開されるのかどうかだと思います。
その可能性の全ては仮想通貨市場の成熟にかかっていると言えるでしょう。

しかし、そもそも仮想通貨というシステム自体が、現状ではCFDとしてあまり成り立っていないという見方もあります。
というのも、仮想通貨は文字通り形の無い仮想の通貨で、国の保障の無い通貨になります。
つまり、世界情勢や景気、金融政策など本来FXなら値動きする大きな要因になるはずのイベントが仮想通貨CFDでは要因にならないということです。

逆に、仮想通貨界で少し有名な方がSNSでポジティブな発言をしただけで急激に高騰を始めたりなど、価格変動の要因がかなり不安定と言わざるをえません。
SNSなどのソースの弱い情報が価格変動に大きく関わってくるというのは、ポジションを持つ上での情報収集の難易度を劇的に上げてしまいます

仮想通貨というのものが私たちの生活で当たり前に通貨として使われるような状態になっていないと、価格変動の安定化は期待できないかもしれません。
もしそうなれば、XMでの仮想通貨CFDの再開もあり得るでしょう。

XMでビットコインを取引する方法

仮想通貨CFDに問題はあるものの、もし今後XMでの仮想通貨CFDが再開したときには、恐らく大量の取引が集中することが予想されます。
しかし、そうなってから始めて仮想通貨CFDについて情報を集めるのでは、取引の波に乗り遅れてしまいます。
今のうちから、ある程度仮想通貨CFDの性質について学んでおきましょう。

まず押さえておきたいのは、XMでの仮想通貨取引はCFDコモディティ商品の一部という扱いになっていることです。
つまり、仮想通貨の値動きによる差額だけをやり取りするということです。
実際に仮想通貨を手にすることはありませんので、仮想通貨のウォレットを持っている必要はありません
XMの口座も新しく開設する必要はなく、現在お使いの口座からそのまま取引することが可能です。

また、仮想通貨の取引所では365日24時間いつでも取引が可能となっていますが、XMでの仮想通貨CFDは月曜開場、金曜閉場となっています。
FXと同様に土日の取引はできないので注意が必要です。平日の間は24時間取引が可能です。

そして、もう一つ大切なのがレバレッジについてです。
XMのFXでは最大888倍のハイレバレッジが特徴でしたが、仮想通貨CFDに関してはレバレッジがかなり規制されています。
仮想通貨CFDでは口座開設時に設定したレバレッジよりも必要証拠金の設定が優先され、これはそのときの仮想通貨銘柄のレートによって変動します。
ちなみに、証拠金が50%必要ならレバレッジは2倍、33%必要なら約3倍というレバレッジになります。

また、最大取引量もレートによって都度更新されるので、取引の際には最新の情報を確認することが必須と言えます。

管理人一押し!レバレッジ888倍で追証なし!最も信頼できる海外FX口座
XM Trading:口座開設方法を図解解説!

-ビットコイン, 仮想通貨, CFD
-, ,

Copyright© XM口座開設のススメ【海外FXの教科書】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.