XM Tradingでスワップポイント狙いの取引はアリ?

スワップポイント

XM Tradingでスワップポイント狙いの取引はアリ?

投稿日:

XMのスワップポイントで夢の利息生活?

FX取引について調べていると、「スワップ」という用語をよく見かけるかと思います。
スワップポイントというのは簡単に言えば保持しているポジションに付く金利のことです。

このスワップポイントを上手く利用すれば、ポジションを保持し続けるだけで利益を出すことができます
実際、多くのFX指南サイトでスワップポイントを利用した取引テクニックを解説しています。
国内FX業者では、スワップポイントの利用は初心者でも失敗しにくい安定の手法と推薦しているところもあるくらいです。

XMでも同じようにスワップポイントで安定した利益を出したいと考えている方も多いはず。
そこで今回は、XMでのスワップポイント狙いの取引について解説していきたいと思います。

そもそもスワップポイントとは?

まずはスワップポイントという概念について解説していきます。
FXでは異なる通貨を売買することでポジションを保有しますが、その取引通貨間に存在する金利差のことをスワップポイントと呼びます。

低金利の通貨を売って高金利の通貨を買えばスワップポイントはプラスに、逆の場合はマイナスになります。

もちろん金利の変動によってスワップポイントも代わりますが、その都度算出されて、毎日口座に付与あるいは口座から支払うことになります。

例えば日本円で米ドルを購入したときを考えてみます。
日本円の金利は米ドルの金利に比べると低いですから、このポジションを保持しているだけでスワップポイントが毎日口座に付与されていきます。
売買することなく、残高を増やすことができるということですね。

逆に、米ドルで日本円を購入した場合には、スワップポイントがマイナスになり、ポジションを保持しているだけで毎日残高が減ってしまうということになります。
FX取引を行う上で、スワップポイントは価格変動と同じように大切な要因であることがわかるかと思います。

しかも、スワップポイント狙いの取引は売買せずに何日も待つという比較的長期投資での運用になるので、取引時間中ずっとパソコンに張り付いている必要がありません
政策金利は通貨価格と比べて大きく変動するものでもないので予想がしやすいというのも、腕に自信がないFXトレーダーでも十分利益を出すことができる理由の一つです。

逆に、一日の中で何度も取引をするデイトレーダーからすると、ポジションを保持して日を何度もまたぐことがないのでスワップポイントはほとんど意味を成しません

スワップポイントはFX業者によって異なる

スワップポイントは金利の差ということを説明しましたが、本当はそれだけでは決まりません
というのも、実はスワップポイントはFX業者によって異なるのです。

特に国内FX業者に関してはばらつきが大きく、ほぼFX会社が独自に設定しています。
当然スワップポイントが高い方が集客力もあるので、各FX業者の企業努力でどれだけ高く出来るかが競われています

また、スワップポイントは各FX会社の方針や理念に基づいた設定になっており、獲得したいトレーダーのタイプがそれでわかると言ってもよいです。

基本的には、スワップポイントが高いFX会社はスプレッド(取引時の手数料)が広くなる傾向にあり、その逆も然りです。
スワップポイント狙いのトレーダーはポジションを保持することが目的ですので、スプレッドが多少広くても問題にしません。
逆に取引を数多くする人からすると、スワップポイントは低くても良いからスプレッドを狭くして欲しいと思うでしょう。

このように、FX業者によってスワップポイント狙いの取引に向いているかどうかが違うということです。

ちなみにXMのスワップポイントはどうかと言うと、国内FX業者と比べると軒並み低いです。
他の海外FX業者も同様で、現状スワップポイントでは国内FX業者に軍配が上がっていると言えます

XMでスワップポイントを得られる通貨ペアについて

XMでの取引通貨一覧はこちらから確認することができます。
ロングスワップ価値(ポイント)をクリックすると、買いポジションを保持したときのスワップポイントの高い順、低い順に並び替えることができます
その隣のショートスワップ価値(ポイント)は売りポジションを保持したときのスワップポイントになります。

XM Tradingでスワップポイント狙いの取引はアリ?

ちなみにこのスワップポイントの単位は、日本円ではありません
全て、各通貨ペアの後半の通貨単位となっておりますので、注意して下さい。
スワップポイント狙いで取引を始めるつもりなら、この一覧表は要チェックです。

ちなみに、2018年7月現在で最もスワップポイントが高いポジションは、EURZAR(ユーロ/南アランド)の売りポジションで、165.57(ZAR)です。
ただし、スワップポイントは常に変化していますので、確認は怠らないようお願いします。
また、実際の取引量に対して具体的にどのくらいのスワップポイントがつくかはこの一覧表ではわかりません。

そういうときは、XMの計算ツールを利用しましょう。

まずは「スワップ計算ツール」を選択します。

XM Tradingでスワップポイント狙いの取引はアリ?

口座の基本通貨、通貨ペア、口座タイプ、ロット数量を入力し、「計算する」をクリックします。

XM Tradingでスワップポイント狙いの取引はアリ?

すると、その取引条件での買いポジションでのスワップポイント、売りポジションでのスワップポイントが表示されます。

XM Tradingでスワップポイント狙いの取引はアリ?

XMのメリットを再確認

スワップポイントの基本が分かったところで、XMでFX取引を行うメリットを今一度確認しておきましょう。
国内FX業者で比べたときのXMの最大の特徴は、最大888倍のハイレバレッジ取引が可能であることと、ゼロカット方式により追証が無いということです。
ここからは、この特徴がスワップポイント狙いの取引にどう作用するかを考えてみましょう。

スワップポイント狙いだとハイレバレッジは使えない

スワップポイント狙いのFX取引では、とにかくポジションを長く保持することが必要です。
スワップポイントは毎日付与されるので、一日でも長くポジションを保持できればそれだけ口座にプラスされるからです。

そういう視点で見ると、XMの特徴であるハイレバレッジの取引はかなりリスキーであると言えます。
ハイレバレッジにしていると僅かな値下がりでも大きな損失となり、強制ロスカットに合いやすくなってしまいます。
ロスカットになるとポジションが決済されてしまうので、その瞬間にスワップポイントは得られなくなります

また、まとまった額のスワップポイントを得るにはそれなりのロット数を保持しなければなりませんが、当然必要な証拠金も増えてしまいます。
最大888倍のハイレバレッジという取引は本来、「少ない証拠金で大きな取引が可能になる」ということが最大のメリットでした。
そしてもう一つの特徴である追証無しというシステムも、大きな額の取引時のリスクを軽減してくれるものです。

また、スワップポイントも国内FX業者と比べて低いということからも、XMはそもそもポジションの長期保持には向いていないということがわかりますよね。

XMでスワップポイント狙いの取引はしない方が良いのか?

XMの特徴がポジションの保持にあまり向いていないと述べました。
しかし、XMでスワップポイント狙いの取引は絶対しない方が良いのかと言うと、実はそうではありません

通貨ペアをきちんと選別すれば、スワップポイントで大きな利益を上げることができる可能性もあります。
先ほどEURZAR(ユーロ/南アランド)の1ロットの売りポジションが165.57(ZAR)だと紹介しましたが、このスワップポイントを日本円に換算すると1359円(2018年7月現在)になります。

1ロットを1日保持しているだけで1359円残高が増えると考えたら、かなり魅力的だと思います。

逆に、スワップポイントの一覧表の中には買いポジションでも売りポジションでもスワップポイントがマイナスという通貨ペアもあります
こういった通貨を数日保持して損が確定してしまうと、損失額にスワップポイントもプラスされる二重苦となってしまいます。
こういった通貨はその日の内にトレードを済ませてポジションを持たずに一日を終えるのが良いです。

XMでスワップポイント狙いの取引がアリかどうかは、通貨ペアの選択次第と言えるでしょう。

XMでスワップポイント狙いをするときの注意点は?

XMでは最大888倍のレバレッジをかけることができます。
当然レバレッジを高くした方が同じ資金でもロット数の多い取引が行えるのでもらえるスワップポイントも多くなります。

しかし、ハイレバレッジはロスカットのリスクも高めてしまうことを忘れてはいけません。
スワップポイント狙いの取引では、長くポジションを保持するということが何より大事です。
スワップポイント狙いの取引では、レバレッジはできれば1倍~2倍、攻めたとしても5倍程度に抑えておくのが定石と言われています。

「せっかくハイレバレッジで勝負できるのに!」と歯がゆく思うかも知れませんが、狙いが違えば取引手法も変わってくるということを理解しましょう。
ロスカットに遭えば、元も子もありません。

管理人一押し!レバレッジ888倍で追証なし!最も信頼できる海外FX口座
XM Trading:口座開設方法を図解解説!

-スワップポイント
-,

Copyright© XM口座開設のススメ【海外FXの教科書】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.