今回のコーチングは「トネガワ-髪は命より重い!!」さんです。

本記事(動画)は下記のような人向けです

  • 海外植毛の効果と安全性について知りたい
  • 海外植毛と国内植毛のどちらにするべきか迷っている
  • 国内植毛でも効果が高く安全な施術を選びたい

上記に当てはまる人は必見です。まずは、トネガワ-髪は命より重い!!の動画で学んでいきましょう。
※動画下にテキスト解説もあります

 

【安い植毛に注意】トネガワが植毛クリニック選びについて解説

今回は、ハゲながら恋愛に励むトネガワが植毛クリニック選びについて、お話ししていきます。

 

【安い植毛に注意】早稲田大学卒のトネガワが海外植毛や費用を分析!

さて、先に結論を言います!

あなたがもし、日本人であるなら、絶対に国内のクリニックで植毛をした方がいいです。

また、ロボットではなく、実績がある先生に手術をしてもらいましょう!

では、その内容について、詳しく解説していきます。

意外に大変なクリニック選び

いざ、植毛をやろうと決めたのはいいけど、わからないこと、不安だらけの方がほとんどのはず。

かつての自分もクリニック選びのために、5つ以上のクリニックにカウンセリング申し込みをしました。

電話相談も含めて、カウンセリング申し込みをしたのは、

  • 紀尾井町クリニック
  • ヨコ美クリニック
  • アイランドタワークリニック
  • 親和クリニック
  • 湘南美容クリニック
  • アスク井上クリニック
  • TOMクリニック

の7つでした。

植毛をためらう理由は費用?

【安い植毛に注意】早稲田大学卒のトネガワが海外植毛や費用を分析!

ところで、以前のTwitterで「植毛をためらう理由はなんですか?」というアンケートを取ったところ、過半数の人が「費用がネック!」「費用が気になる!」のような答えでした。

分ります、その気持ち!

植毛費用額は、車買えるくらいの額なのでは?といったイメージをお持ちの方が多いですよね。
だからこそ、「AGAは髪だけではなく金までむしり取るのか?」と言いたくなりますよね。

【安い植毛に注意】海外植毛の危険性

植毛費用が高いと言っても、安さにつられて海外で植毛手術を受けるのは、とっても危険なんです!
特に、植毛を検討中の方は、何が危険なのか?について、知っていきましょう。

 

【安い植毛に注意】早稲田大学卒のトネガワが海外植毛や費用を分析!

成功例の裏側に失敗例が潜んでいる

韓国、中国、トルコで植毛をして「髪が生えてきました!」というブログをたくさん見かけますよね。

しかし、あれは数少ない成功例だから、ブログにできているのです。

あの裏には、施術失敗で「植毛なんてしなければよかった!」という方がたくさんいるのです。

その現実を、ちゃんと知っていただきたいです。

海外植毛で不安なアフターサポート

【安い植毛に注意】早稲田大学卒のトネガワが海外植毛や費用を分析!

想像してみてください。

海外の植毛で何かあっても、サポートが受けられない可能性が高いのです。

下手したら、言葉が通じないわけですから、生えてきても生えて来なくても、「あとは知りません!」と言って片付けられることも多いのが現実です。

さて、先程のアンケートで、費用面の心配の次に多かった答えは「手術に失敗したらイヤだ」「取り返しがつかない」でした。

海外の植毛で失敗するくらいなら、このまま薄毛の生きづらさを我慢しながら生活した方がマシだという声もありました。

海外植毛は毛根も失う可能性も

【安い植毛に注意】早稲田大学卒のトネガワが海外植毛や費用を分析!

実際に、海外で植毛したけど、スカスカで逆にみっともない頭になってしまった!先生どうにかしてくださいよ!と言う事例が後を絶ちません。

これは、親和クリニックさんをはじめ、植毛の権威の先生に聞いたことがあります。

しかし、国内のクリニックは予約を取るのが困難なので、予約をしてから、やっと一年後に手術を受けられるケースがほとんどです。

その事例について、もう少し具体的にお話ししていきますね。

その事例での移植数は、3000株でした。

 

【安い植毛に注意】早稲田大学卒のトネガワが海外植毛や費用を分析!私は、生え際から頭頂部にかけて、2000株の移植を行なっています。

先ほどの失敗事例では、僕が移植をした範囲よりも狭い生え際の部分だけに3000株の植毛をしたそうです。

その結果の写真を見せてもらうと、予測ですが、1000株も定着していませんでした。

すごくスカスカで、まばらに毛が生えているだけの状態でした。

その事例からもわかるように、節約をするために海外で植毛の施術を受けたのに、結果的には、2回目の手術を国内で受ける羽目になっている人が多いのです。

そして、単純に計算すると、3000株− 1000株で2000株の毛根を失っていることになります。

その毛根たちを復元する方法は今現在ないのですから、お金以上の損失になります。

将来的には再生医療などで毛根を復元できる可能性がありますが、実際にできたとしても、ものすごい費用になるでしょう。

ですから、海外で植毛に失敗した時のリスクは、お金だけでは無いのです。

替えがきかないドナーまで、失います!

【安い植毛に注意】国内植毛の2種類とメリット・デメリット

国内のクリニックの植毛方法には、メスを使う「FUT」とメスを使わずにパンチと言う器具を使って毛根を採取する「FUE」の2つの方法があります。

 

【安い植毛に注意】早稲田大学卒のトネガワが海外植毛や費用を分析!

どちらにも、メリットとデメリットがあります。

メスを使わない「FUE」のメリット・デメリット

今の主流となっている方法は、メスを使わない「FUE」です。

「FUE」は皮膚を切り取らないので、手術後の痛みがかなり軽減されます。

また、手術等の傷跡が目立ちにくいので、手術後は自分でもわからないほど、目立ちません。
実際、私も1年以上経ったんですけど、傷跡が全くわからない状態です。

また、「FUE」は、メスで皮膚を切らないので、縫合する必要がないのですね。

並びに、抜糸も必要がないのです。

主に、それらが「FUE」のメリットです。

次にデメリットですが、一度に植毛できる株数の上限が「FUT」よりちょっと少ないことです。

逆に「FUT」は、メスで皮膚ごと切り取る分、広い範囲から株を採取できるのです。

その影響もあり、国内のクリニックさんでは「FUT」のクリニックさんの方が費用が安い傾向があります。

ただ、これはモニター制度で割引とかが適用された場合の話です。

ロボット植毛の実際の効果

【安い植毛に注意】早稲田大学卒のトネガワが海外植毛や費用を分析!ちなみに、安さと言う意味では「FUE」の中でもロボット植毛というのがあります。

ロボット植毛は文字通り、生身の人間ではなく、アルタスと言う植毛専用のロボットが手術をするものです。

「FUE」の手術を人間ではなく、ロボットがするので費用が安い傾向にあります。
しかし、正直手術の精度は、お世辞でも良いとは言えません!

実際、海外の植毛医は、「今のアルタスは熟練の人間の植毛医と比べたらはるかに劣る」と言う内容の論文を出しています。

安さにつられてロボット植毛をしたら、とんでもない頭になってしまった…と言うケースもあります。

ですので、植毛手術をするのなら、ちゃんとした実績ある先生に頼むのが一番安心です!

 

【本音】

当たり前ですが、最も確実な薄毛治療は【AGAヘアクリニック】で診察してもらうことです。カウンセリング(診察)は常に無料で薬代しかかかりません。数か月の努力で薄毛の悩みが希望に変わるはずです。

【安い植毛に注意】ネットの情報・体験談など

【安い植毛に注意】体験談まとめ

記事(動画)のポイントをまとめます。

  • 海外植毛の効果と安全性について知りたい
  • 海外植毛と国内植毛のどちらにするべきか迷っている
  • 国内植毛でも効果が高く安全な施術を選びたい

チェックポイント

  1. 海外の安い植毛の成功例は一部にすぎない
  2. 海外の安い植毛でお金よりも大事な毛根を失う恐れあり
  3. 国内の植毛には「FUT」と「FUE」の2種類がある
  4. メスを使わない「FUE」の中にロボット植毛があり
  5. ロボット植毛は海外植毛と同じくらい質が悪い
  6. 国内の実績と信頼あるクリニックで植毛をするべき

悩みから解放されたいなら↓



オンライン診療対応の【AGAヘアクリニック】