本記事(動画)は下記のような人向けです

  • 最近抜毛が気になる方
  • 将来ハゲないために
  • 正しいシャンプーの仕方を学びたい

上記に当てはまる人は必見です。まずは、ビヨケンさんの動画で学んでいきましょう。
※動画下にテキスト解説もあります

 

【プロが教える正しいシャンプーの仕方】抜け毛を防ぐためにやってはいけないこと

ほとんどの人は正しいシャンプーのやり方を知らずに間違ったやり方をしています。今回の動画を最後まで見れば、抜毛の量を最小限に抑えてハゲにくい習慣を身につけることができます。

1.液状のシャンプーをそのまま使ってはいけない

頭皮に負担がかかるので液状のシャンプーをそのまま頭につけないようにしましょう。そのまま使うことによって頭皮に負担がかかります。

洗顔でもそうですが出したままの液体の状態のシャンプーを直接つけないことが大事です。

 

【抜け毛を減らす】プロが教える正しいシャンプーの仕方

シャンプーも洗顔と同じで泡立てネットなどで一度泡立ててから使うようにしましょう。泡状にすることで皮脂が取れやすくなります。

 

【抜け毛を減らす】プロが教える正しいシャンプーの仕方

ただ、めんどくさいのが一番のデメリット!僕はポンプ式で泡のまま出てくるシャンプーを購入しました。

2.摩擦を起こさない

髪をグイッと引っ張ると髪が抜けますよね?髪を洗うときにシャカシャカっとやってしまうとそれと同じことが起きます。

頭皮の肉を動かすように洗いましょう。洗顔だってNo摩擦なんだから髪だってNo摩擦で行きましょう。

 

【抜け毛を減らす】プロが教える正しいシャンプーの仕方

3.洗い流しにくい整髪料は使わない

10代から20代の方で整髪にワックスを使っていませんか?ワックスってシャンプーでなかなか取れないですよね。

僕のおすすめはグリースです。ウェット感があって水溶性なので水ですぐ取れますよ。ウェット感が気になる方にはドライ的なグリースもあります。

 

【抜け毛を減らす】プロが教える正しいシャンプーの仕方

【プロが教える正しいシャンプーの仕方】正しいシャンプーのやり方・洗う順番

手順は2つだけでかんたんです。

まずは波平エリア!

波平エリアって?耳の上や後頭部の下の方、某アニメの波平でも髪が生えているエリアを指します。

ここの部分を押し洗いするように洗います。この部分は血流がいいのでここの部分の血流を上げていくような感じで洗っていきましょう。

 

【抜け毛を減らす】プロが教える正しいシャンプーの仕方

次はとさかエリア!

頭の頭頂部を指します。泡を使って押し当てるように洗っていきます、押し当てるだけだと頭皮に泡が入っていかないので髪をかき分けて頭皮に当てるようにしていきます。

 

【抜け毛を減らす】プロが教える正しいシャンプーの仕方

これだけでは分かりにくいので次はプロの方の実演を見ていきましょう。

【プロが教える正しいシャンプーの仕方】プロによるシャンプー実演

プロのヘアサロンでの実演を交えながら正しいシャンプーの仕方を見ていきましょう。

まずは波平エリアから

ここでは泡シャンプーを使っていきます。シャンプーを頭髪で泡立てるのは絶対にNGです。耳の後ろって自分でもやりそうでやらないのでマッサージをしながらやっていきます。

 

【抜け毛を減らす】プロが教える正しいシャンプーの仕方次に頭頂部を行っていきましょう

特にとさかエリアは泡を押し込むようにもふぅーーーーーーと優しく押し当てます。

 

【抜け毛を減らす】プロが教える正しいシャンプーの仕方

プロ直伝正しいシャンプーやり方は

首裏の部分から順番に血流を上げていくイメージでてっぺんのつむじの部分は優しく泡を塗るだけ。気になるM字部分も優しくシャカシャカ音を立てないように、頭皮を動かすように洗います。

 

【抜け毛を減らす】プロが教える正しいシャンプーの仕方指の腹でこすりたい気持ちはわかりますがゴシゴシしなくても皮脂はとれます。頭皮も一枚皮なので顔と一緒です、優しく洗っていきましょう。

 

【本音】

当たり前ですが、最も確実な薄毛治療は【AGAヘアクリニック】で診察してもらうことです。カウンセリング(診察)は常に無料で薬代しかかかりません。数か月の努力で薄毛の悩みが希望に変わるはずです。

【プロが教える正しいシャンプーの仕方】ネット上の情報・体験談など

【プロが教える正しいシャンプーの仕方】のまとめ

記事(動画)のポイントをまとめます。

  • 抜け毛予防には正しいシャンプーが大事
  • できる限り摩擦を起こさないように気をつける
  • 正しい順番と方法でシャンプーをしていく

チェックポイント

  1. シャンプーは泡立ててから使う
  2. 強い整髪料は使わない、水溶性グリースがおすすめ
  3. M字部分は特に摩擦NG
  4. 波平エリアととさかエリアに分けて洗う
  5. もふぅーーーーーーーーと優しく洗ってゴシゴシしない

悩みから解放されたいなら↓



オンライン診療対応の【AGAヘアクリニック】