今回のコーチングは「越野晋」さんです。

本記事(動画)は下記のような人向けです

  • 自分がAGAかわからない。どう判断すれば良いのかわからない方。
  • 若くして薄毛に悩んでいる方。
  • 若い方でフィナステリドの使用に悩んでいる方。

上記に当てはまる人は必見です。まずは、越野晋さんの動画で学んでいきましょう。
※動画下にテキスト解説もあります

 

10代20代で若ハゲに悩んでいる方に伝えたいこと

10代・20代で若はげに悩んでいるすべての人に伝えたいメッセージ

こんには。毛髪診断士の越野晋です。今回は、10~20代前半の若い年代で薄毛に悩んでいる方に伝えたいことがあります。四つのパートに分けて話をしていきます。

  1. AGAかどうかを判断する
  2. AGAではない場合どうすればよいのか
  3. AGAだった場合どうすればよいのか
  4. おまけ

10代20代の若ハゲ【AGA】かどうかを判断する

10代・20代で若はげに悩んでいるすべての人に伝えたいメッセージ

一つ目のパート。AGAかどうかを判断する方法についてお話していきます。自分がAGAかどうかわからないという質問をよく頂くことがあります。

 

10代・20代で若はげに悩んでいるすべての人に伝えたいメッセージ

厳密言えばお医者さんに診断してもうことが一番確実ですが。三つの項目に当てはめて自分の生え際・つむじを見ていけば、ほぼ分かります。

M字部分とつむじ部分が薄くなる

10代・20代で若はげに悩んでいるすべての人に伝えたいメッセージ

一つ目は「M字部分とつむじ部分が薄くなる」です。M字っていうのはおでこの両サイドですね。もう少し詳しく知りたい方は「ハミルトン・ノーウッド分類」で検索してみてください。これはAGAの進行をステージごとにイラストで表したものです。

ゆっくり進行している

10代・20代で若はげに悩んでいるすべての人に伝えたいメッセージ

二つ目は「ゆっくり進行している」です。AGAの進行というのは多くの方が考えるよりもゆっくりです。3か月くらいの短い期間に「一気にきちゃいました」とはならないです。数年かけて徐々に徐々に進行していくのがAGAです。

患部の毛が短く細くなる

10代・20代で若はげに悩んでいるすべての人に伝えたいメッセージ

三つ目は「患部の毛が短く細くなる」です。AGAというのは、髪の毛が抜けてその後生えてこないというものではなく、髪の毛が徐々に短く細くなっていく症状なんです。M字の部分・つむじの部分の髪の毛をよく観察してみてください。AGAの初期症状であればその辺りの髪の毛が短く細くなっていることが分かるはずです。

以上三つの項目でAGAなのかということを判断をしてください。

10代20代のAGA【若ハゲ】ではない場合

10代・20代で若はげに悩んでいるすべての人に伝えたいメッセージ

次にAGAではないならどうすれば良いのかをお話ししていきます。つまり先ほどの三つの項目に当てはまってない場合です。大きく二つに分けることが出来ます。

  1. AGA以外の脱毛症であるという場合
  2. 気のせいであるという場合

AGA以外の脱毛症であるという場合

まずはAGA以外の脱毛症だった場合についてお話します。これは種類が多いので、病院に行ってお医者さんの診察を受けることをお勧めします。

 

10代・20代で若はげに悩んでいるすべての人に伝えたいメッセージ

とある本の「脱毛症の分類」という項目を見ると、AGA以外の脱毛症は24種類あります。一つ一つ原因も解決策も違いますし、中には原因が分かっていないものや解決策が見つかっていないものもあります。薄毛で悩んでいる男性の9割以上はAGAです。これらの24種類の脱毛症に当てはまっているという方は非常に少ないと思います。

気のせいであるという場合

10代・20代で若はげに悩んでいるすべての人に伝えたいメッセージ

若い方はAGAが発症する確率も低いです。20代でAGAが発症する確率は6%と言われています。AGAの発症率は年齢が上がれば上がるほど比例して上がっていきますので20代の前半でAGAが発症する確率は6%よりさらに低くなるでしょう。

 

10代・20代で若はげに悩んでいるすべての人に伝えたいメッセージ

「10代で薄毛に悩んでいます」「20代前半で悩んでいます」という方がすごく多いです。これは何故でしょうか。もちろん中には本当にAGAが発症してしまっている人もいるでしょうしAGA以外の脱毛症が発症している人もいるでしょう。とはいえ全員が全員そうではないと考えられます。

 

10代・20代で若はげに悩んでいるすべての人に伝えたいメッセージ

「気のせい」・「気にしすぎ」っていうものがすごく多いんじゃないかなと考えています。実際に写真を送って頂くこともあるんですが薄いように見えないという方も多いです。1度「薄いかもしれない・・・」って思うとすごく不安になってどんどん薄く見えてしまいます。

 

10代・20代で若はげに悩んでいるすべての人に伝えたいメッセージ

人は一回仮説を立てると、その仮説がポジティブでもネガティブでも、その仮説が正しいと思うように情報を解釈するようになります。だから「自分が薄毛かもしれない」という仮説を立てたら、全部がそう見えてきてしまいます。鏡をみても、スマホで自分の頭皮を撮影しても、「薄くなってる・・・」っていう風に感じてしまいます。

 

10代・20代で若はげに悩んでいるすべての人に伝えたいメッセージ

私からみなさんにアドバイスです。私は何年も自分の生え際を観察してきたから分かることがあります。鏡で見る生え際の情報というのは当てにならないということです。さきほどの心理的な側面やさまざまな要因で見え方は全然変わってきます。

 

10代・20代で若はげに悩んでいるすべての人に伝えたいメッセージ

私が大学生の時の話です。まだAGAは発症していませんでした。お風呂の鏡で自分の生え際を見たとき、おでこの右側だけ異様にハゲていました。「やばいハゲてきた」と思って焦りました。

 

「こんな片方だけハゲるなんてあるのか?」と思って、冷や汗がめちゃくちゃでました。念のためもう一回お風呂場ではないところで確認したところ、別にハゲていませんでした。お風呂場の鏡は、右上に照明がありました。その光が強く反射したせいで右側だけ薄く見えてしまったわけです。

ヒカキンさんの話

10代・20代で若はげに悩んでいるすべての人に伝えたいメッセージ

youtuberで有名なヒカキンさんの話です。ヒカキンさんも若い頃、薄毛で悩んでいたようです。そのことについて語っている動画もあります。「ハゲて悩みすぎて病院に行った話」というタイトルの動画です。興味がある方はあとで見てください。

 

ヒカキンさんは21歳で薄毛に悩み始めたそうです。自分のiphoneでつむじ・生え際を撮影して何回も見ながら「ハゲてきてるぞ、やばいやばい」と危機感を募らせていたそうです。実際にその時の写真や動画も公開してあります。そして、悩みすぎてAGAクリニックに行ったそうです。

 

10代・20代で若はげに悩んでいるすべての人に伝えたいメッセージ

クリニックの院長に「全然大丈夫ですよ」「気にしすぎですよ」と言われたそうです。そこからハゲは気にしなくなったようです。今のヒカキンさんを見てもフサフサですよね。

 

ヒカキンさんの話では、自分が薄毛だと不安になったきっかけは、ある動画のコメントで「ヒカキンハゲてきてる」というのがあったようです。それを読んでハゲてきているかもしれないとどんどん不安になっていったのではないでしょうか。

 

10代・20代で若はげに悩んでいるすべての人に伝えたいメッセージ

そしてその動画の中でヒカキンさんが良いことを言っていました。「高校生・二十歳前後くらいで薄毛に悩んでいる君。悩みすぎが一番体に悪いぞ。」この記事(動画)で言いたかったことです。

 

10代・20代で若はげに悩んでいるすべての人に伝えたいメッセージ

生まれつき毛根の数が少ない人・生まれつき髪の毛が細い人・生まれつきおでこが広い人は確かにいます。それが理由で若い頃から薄毛に見られてしまうこともあるでしょう。

 

10代・20代で若はげに悩んでいるすべての人に伝えたいメッセージ

残念ながら生まれつきっていうものは、変えることができません。それは自分の一つの特性だと考えて割り切っていくしかないと思います。生まれつき足が長い人もいれば短い人もいます。鼻が高い人もいれば低い人もいます。記憶力が良い人もいれば悪い人もいます。リズム感がある人もいれば無い人もいます。声が高い人もいれば低い人もいます。

 

これらのことと同じだということです。私にもコンプレックスがありますが、さまざまな努力で克服しようとしています。自分の生まれ持った特性は変えるのではなく、どう付き合っていくか、どう克服していくかってことが大事だと考えています。

 

10代・20代で若はげに悩んでいるすべての人に伝えたいメッセージ

生まれ持った自分の特性っていうものとどうやって折り合いをつけて付き合っていくかってことだと思います。

髪の毛が細いとか毛根が少ないとかの理由で悩んでいる方も、髪型を工夫するとか髪型なんて関係ないっていう風に内面を磨き上げるとか、逆に薄く見えるということを自虐ネタして武器にしていくという方法もあると思います。やり方はいくらでもあります。

 

生まれつき薄いことをどうしようもないと悲観的になるのではなく、うまく付き合っていく方法っていうのを考えてみてください。

10代20代のAGA【若ハゲ】だった場合

10代・20代で若はげに悩んでいるすべての人に伝えたいメッセージ

次にAGAだった場合についてお話していきます。最初に話した三つの項目に全て当てはまった場合ですね。

 

10代・20代で若はげに悩んでいるすべての人に伝えたいメッセージ

AGAを治療するためには、フィナステリドとミノキシジルを使用する必要があります。ただし注意点があります。フィナステリドは副作用があります。男性機能低下・うつ病・肝機能障害・無精子症など、たくさんの副作用の危険性があります。それを踏まえた上で治療してください。

 

AGAは命に関わるものではありません。痛みや苦しみもありませんので、治療するかどうかは慎重になるべきです。万が一のことがあってはいけないので、私はフィナステリドの使用はお勧めしません。

 

また、フィナステリドは未成年への処方が禁止されています。ホルモンに影響を与える医薬品ですので、絶対に使用しないでください。「個人輸入で購入すれば安い」「未成年でも個人輸入なら買える」という人がいますが、個人輸入で届くのは安全性の確認が取れていない国内未承認の医薬品です。

 

使用して何かあった場合、全て自己責任となります。そのため個人輸入は使用せずに必ず病院で医師の診察を受けて処方してもらってください。以上がAGAだった場合の対処法です。

おまけ【10代20代で若ハゲに悩む人へ】

10代・20代で若はげに悩んでいるすべての人に伝えたいメッセージ

AGAは保険適用外です。保険適用外っていうのは、病院に行って治療を受けても保険が利かないってことですね。なぜなのか?命に関わらないからですね。本当に命に関わらないといえるでしょうか。なぜなら、AGAが原因で心を病んでしまってうつ病になったり自殺してしまう人がたくさんいるからです。

 

極端な話ですが、ただ心臓が動いてさえいれば「生きている」と言えるでしょうか。薄毛になってAGAが発症して悩みますよね。そしたら外に出たくなくなるんですよ。人に会いたくなくなるんですよ。それが原因で長い人生のさまざまなチャンスを潰してしまう可能性があります。それは命と等価値のものがどんどん削られていってるのと同じことだと思います。

AGAは命を削っている

AGAは命を削っているのと同じだと思います。若ければ若いほど、削られる人生っていうのが長くなってしまいます。例えば、二十歳でAGAが発症するとします。人生100年時代と考えると、残り80年間です。人生の8割を薄毛と付き合っていかなければなりません。

 

さらに、若い年代のAGAの発症率はすごく低い分目立ちます。AGAになったら周りからすごく注目されてしまって余計深刻に悩んでしまいます。なので、若ければ若いほどフィナステリドを飲むべきだと思います。未承認の薬なのは分かっています。AGAを若くして発症するってことがどれだけ目に見えない危険があるのか。これは悩んだ人にしか分かりません。

若はげ【10代20代のAGA】だったら

私は28歳でしたが、これから先どうなるのかと絶望しました。もし10代だったらと想像もつかないくらい悩むと思います。フィナステリドを飲むべきじゃないという人は、10代20代でAGAを発症した人の苦しみを全然分かっていない人、AGAがただ髪の毛がなくなっていく病気だと思っている人だと思います。

 

もし、僕が18歳でAGAを発症したら確実にフィナステリドを飲みます。病院では処方してくれないので個人輸入で購入します。親にばれたくなければ銀行振込で決済したり、郵便局留めにすれば良いと思います。

 

10代・20代で若はげに悩んでいるすべての人に伝えたいメッセージ

本気でAGAに悩んでいるならフィナステリドを早く飲んだ方が良いと思います。副作用の危険性もありますし個人輸入は自己責任です。この記事(動画)は、未成年に対してのフィナステリドの使用や個人輸入を推奨するものではありません。

 

【本音】

当たり前ですが、最も確実な薄毛治療は【AGAヘアクリニック】で診察してもらうことです。カウンセリング(診察)は常に無料で薬代しかかかりません。数か月の努力で薄毛の悩みが希望に変わるはずです。

【10代20代の若はげについて】ネット上の情報・体験談など

まとめ【10代20代の若はげについて】

記事(動画)のポイントをまとめます。

  • 自分がAGAかわからない。どう判断すれば良いのかわからない方。
  • 若くして薄毛に悩んでいる方。
  • 若い方でフィナステリドの使用に悩んでいる方。

チェックポイント

  1. AGAかどうかの判断の方法。
  2. AGAでない場合どうすればよいか。
  3. AGAだった場合どうすればよいか。
  4. 若い世代のAGAが気のせいであることが多い。
    ※自身の特性と向き合っていくことが大事。
  5. 若ければ若いほどAGAだった時に深刻な悩みになってしまう。
    ※副作用はあるが、フィナステリドの使用について検討したほうが良い。

悩みから解放されたいなら↓



オンライン診療対応の【AGAヘアクリニック】