FXの基本

FXのチャートの超基本的な見方を覚えよう!

投稿日:

いきなり失礼かもしれませんが、海外FXをするにあたって、初心者の方は右も左も分からないと思います。
実際私も初めてFXをした時は、確かにそれなりに勉強したつもりではありましたが実践するとなると分からなくなってしまいました……

私がそうだったからといって、皆さんがそうだとは限らないと思うんです。
でも、本当にFXという言葉しか知らなくて、私のブログ少ししか読んでなかったら↓みたいに思うと思うんです。

「チャートよく見ろって見方わかんないし」
「チャート分析しろってチャートの見方わかんないのに?」
「何言ってんだこいつ」
みたいな。

なので、今回はFXのチャートの超基本的な見方を海外FX初心者のみなさんにお伝えしていこうと思って一生懸命記事を書きました!
「チャート……何それ?」という方、必見です!!

チャートの超基本的な見方を知る前に

チャートの超基本的な見方ですが、4つのことがわかってれば、後は知識を身につけるだけでテクニカル分析ができるようになります。
テクニカル分析は、FXをしていくうえでとっても重要な分析方法です。

FXには値動きなどを見ながら、予測したり分析したりして今後の値動きを判断する手法がいくつもあります。それらを総合してテクニカル分析と言います。
このテクニカル分析をするにはチャートが見れないと意味がありません。
まず、最初にチャートの画面を見てみましょう。


これがFXで見ていくチャートです。

チャートを構成している3つのもの

見方をお伝えする前に、チャートを構成しているものについてお話ししますね!
チャートは主に以下のもので構成されています。

チャート構成

  1. 縦軸と横軸
  2. 時間軸
  3. ローソク足

この3つについて詳しくみていきましょう!

縦軸と横軸

まずはチャートの縦軸と横軸が表しているものについてです。
画像を用意しました!

縦軸には為替レート(今の相場=金額)が表示されていて、横軸には時間が表示されています。
これがチャートを構成している3つのうちの1つです。

ちなみに横軸の上に緑の棒線が引いてありますが、これは取引ボリュームを表した線です。
あまり使うことはないので、覚えなくてもOKです。

時間軸

FXは、どのトレード手法を使うかによって見る時間軸が変わってきます。
時間軸によってチャートの値動きの現れ方が違うんですね。

それで、その時間軸は、↑で説明した横軸のことで、時間の流れを示しているものになります。
5分なら5分の時間軸の中での値動きをして、1分なら1分での値動きをします。

時間軸で表す時間のことを、○○足と言います。
1分なら1分足、5分なら5分足、1日なら日足などといった感じです。
ちょっと私の説明力が足りなさすぎて言葉だとわかりにくいと思います。
またまた画像を用意しましたよ!!

1時間足の場合は図の上のようなチャートになり、時間軸は1時間ごとの表示になります。
5分足の場合は図の下のようなチャートになって、時間軸は5分ごとの表示になります。

画像を見てお気付きの方もいるかもしれませんが、同じチャートなのに5分足と1時間足の見え方が違うと思いませんか?
時間軸を変更することで、時間で表示が変わるので、1分足や5分足など時間によって見え方が違くなるんです!

だから短い時間で取引をするトレード手法の場合は、1分足や5分足を使い、逆に長い期間をかけてするトレード手法の場合は、時間足や日足、週足などを使います。
取引によって、いくつかの時間軸を見ていくのもテクニカル分析に必要になります。

ローソク足

ローソク足の発祥は日本ですが、今や世界基準の指標となりました!
日本かっこいいですよね!!!
世界基準なだけあり、多くのトレーダーがローソク足を基本にチャートを見ています。

ローソク足が示しているのは、その時間で通貨の価値がどれくらい変わったのかということです。
さらに驚くべきは、ローソク1本で始値・高値・安値・終値の4本の値が分かること!

そのローソク足がチャートを構成する3つめのものです。
こちらも画像で見ていきましょう。

白い棒が価値が上昇した時に表示される陽線です。
前より高い金額でスタートしているので、始値は下になります。
終値が上ですね。

黒い棒は陽線とは逆で、価値が下降・下落した時に表示される陰線と言います。
前よりも低い金額でスタートしているため、始値が上になり、終値が下になります。

ローソク足から出ている細長い線はひげと言います。
この線は、安値や高値との差を示しています。
1つのローソク足でたくさんの情報がわかるので、基本的にチャートはこのローソク足を使って見るのが一般的です!

チャートの種類

実は、チャートの種類には3つあります。
ローソク足、バーチャートとラインチャートです。

基本的には先ほどお伝えしたように、ローソク足を見るのが一般的ですが個人のやり方や好みなどによって違うので、一概に言えないのがFXの面白いところです。

ローソク足

ローソク足は先ほどの項目でもお伝えしました。ローソク足を使ったチャートになります。
↓の図ですね。

説明は↑の項目をご覧ください。

バーチャート

バーチャートはローソク足のシンプル版と考えてもらったらわかりやすいです。
ローソク足の前に主流だった指標で、海外ではこっちを使っている人もまだまだ多いと友人に聞きました。
非常にシンプルなチャートになります。
見てみましょう。

かなりシンプルですよね。
見方はローソク足とほぼ一緒なんですが、少し戸惑うと思うので説明していきます。

シンプルでも、やっぱり陽線と陰線はあります。
陽線は始値が下で終値が上、陰線は始値が上で終値が下です。
この棒が連続することで、さっきのバーチャートになるんですね。
少しイメージがつかないかもしれないので、バーチャートに書き加えてみました!!

前のバーよりも上がっていれば陽線、下がっていれば陰線になります。

ラインチャート

ラインチャートはそのまんまです。
見てもらったら、あー、ラインチャート!と思うかもしれません。

チャートの超基本的な見方

お待たせしました!!チャートの超基本的な見方をお伝えしていきます。

超超超基本!チャートは上がり下がりを見る!!

チャートは上がり下がりを見る!
基本中の基本です。
チャートの上がり下がりが分からないと、分析もなにもないですから!!

FXは売買することで差益を自分の資産にしていきます。
売買のタイミングを見るのにチャートの上がり下がりを見れなくては全く意味がありません!!

チャートの上下は、おそらく皆さんわかるとは思いますが、念のためどのような感じか、図をお見せします。

チャートが上昇している時は相場の価値が上がっています。
逆に下降(下落)してる時は相場の価値が下がっています。
このようにしてチャートを見ていくのが超超超基本です。

チャートはトレンド相場とレンジ相場を見る!!

次もチャートの見方の基本です。
分析をするにあたって、チャートがトレンド相場とレンジ相場なのかを判断していく必要があります。
トレンド相場とレンジ相場を見ることで、分析方法や売買方法などが変わっていくため、必ず覚えておいてください。

トレンド相場とは

トレンド相場とは、上下を繰り返しながら上昇しているか下降しているかの相場状態のこと。
上昇しているトレンド相場のことを、上昇トレンドといい、下降しているトレンド相場のことを、下降トレンドといいます。

このトレンドに乗ってポジションを保持することを順張りというんですが、初心者のうちは順張りをメインにしていくと良いと思います。
上昇トレンドは↓こんな感じのチャートになります。

上昇トレンドはジグザグを描きながら上昇します。
なので、順張りの場合はできるだけ安値で購入して高値で売買できそうなタイミングを分析して取引をしていきます。
では下降トレンドも見ていきましょう。

下降トレンドは、ジグザグを描きながら下降していきます。
逆張りの時にブレイクポイント(相場が上昇していくポイント)を狙うと大きく資産を増やすことができます。
でも、やっぱり初心者のうちは逆張りではなく順張りをおすすめしたいです。

レンジ相場とは

レンジ相場は簡単に説明しちゃいますね。
割と難易度が高い相場状態なので、FX初心者のうちはあまり手を出さないで、基本を身につけてほしいという私の願いがあります。

レンジ相場とは、相場が横ばいになってる状態のことを指します。
ずーっと上昇も下降も緩やか〜なジグザグです。
↓みたいな感じです。

かなりレンジ相場として綺麗な状況のチャートを持ってきたのですが、見てもらってもわかる通り横ばいで動きがないですよね?
あまり動きがないので、持ち合い相場といわれたり、揉み合い相場といわれることもあります。

ちなみに、レンジ相場は必ずブレイクするのでそこを狙ってトレードできるような分析ができるようになると、もう初心者は抜けたかな!というレベルになります。
ただ、やっぱり割と難易度の高い相場です!FX初心者は最初のうちは手を出さないのがベストです。

FX初心者はとにかくチャートをたくさん見よう!

FX初心者のうちはとにかくチャートをたくさん見て、自分が勉強したことと照らし合わせていってください!やればやっただけ身になるのがFXです。

もちろん、見るだけではなくて、トレードもしてください。
トレードしないと資産は増えないので……

FXは経験と知識とメンタルがとっても重要です!!
重要だけど、まずはチャートが見れないと資産を増やしていこうにもどうしようもできません。
だからこの記事を参考に、たくさんチャートを見てください。

もしまだ海外FXを始めていないのであれば、デモ口座のチャートを見て取引をしたがら学んでも良いと思います。
(デモ口座開設はぜひこちらから)

何度も言いますが、時間が許す限りで良いです。
チャートをたくさん見てください。
それがいつかあなたの力になります。
応援しています!

管理人一押し!
レバレッジ888倍で追証なし!最も信頼できる海外FX口座
XM Trading:口座開設方法を図解解説!

-FXの基本
-, ,

Copyright© XM口座開設のススメ【海外FXの教科書】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.