FXの基本

FXのトレンド相場とは?基本的な見方とチェックすべきポイント

投稿日:

今回はFXのトレンド相場についてお話ししていきたいと思います。
相場の状況を理解することは、FXをするうえでとても大切なことになってくるので、初心者さんには必見の内容です!

トレンド相場とは?

トレンド相場とは上下を繰り返しながら上昇しているか下降しているかの相場状態のことをいいます。
すごくわかりやすい相場状態なので、初心者さんでもすぐに見分けられます!

また、トレンド相場にも種類があリます。
上昇しているトレンド相場のことを「上昇トレンド」
下降しているトレンド相場のことを「下降トレンド」といいます。

上昇トレンド

上昇トレンドはジグザグを描きながら価格を上げていっている状態です。
あとで説明しますが、順張りをした方がFXで勝ちやすいです。

順張りとは?

順張りとは、トレンドに従ってポジションを保持することを言います。
というと、すごく教科書的な答えなんですよね。

簡単に言うと、上昇トレンドの時はその後しばらく価格が上がっていくので、その利益を狙ってポジションを保持することを言います。

そうそう、FXの世界にこんな言葉があります。
「トレンド・イズ・フレンド」という言葉です。
直訳するとトレンドは友達、になりますよね。

その言葉からわかるようでわかりにくいと思うんですが、トレンドに逆らわずに乗っていくことが大事!という意味があります。

実際、トレンドに乗ることで本当に利益を作り上げていくことができるので、この考え方は多くのトレーダー達に意識的にしろ無意識的にしろインプットされている人が多いでしょう。
(多分ある程度FXをしている人はこの言葉を必ず見かけてると思うので)

特に初心者のうちは逆張りで買っていくのは難しいので、「順張り・イズ・フレンド」になれるようにしていくことをおすすめします!

下降トレンド

下降トレンドはジグザグを描きながら価格を下げている状況です。
逆張りという手法を使った方が稼ぎやすいトレンド相場になっています。

逆張りとは?

逆張りは順張りとは逆の位置にある売買手法です。
相場が下降してる状況で買いポジションを保持して、上昇するタイミングで売ってしまいます。

テクニカル分析などが非常に重要になってくる手法で、初心者のうちは手を出さない方が無難でだち思います。
とはいえ、すごくうまくやるとかなり稼げるので、逆張りオンリーで稼いでるトレーダーさんもいるほどです。

トレンド相場の見方とポイント

上昇トレンドと下降トレンドについて知ったら、トレンド相場の見方とポイントについて知りましょう!
トレンド相場は知識としては非常に簡単だったと思います。

上に向かってれば上昇トレンドで、下に向かってたら下降トレンドといった具合です。
基礎知識に加えて、見方やポイントを知ることで、より実践でトレンド相場を見れるようになっていきます。しっかり付いてきてくださいね!

トレンド相場の見方の基本は2種類あります。
ローソク足で見る方法と移動平均線を使って見ていく方法です。

ローソク足でトレンドを判断する

ローソク足はその時その時の価格の値動きを示しています。
なので、それを見ながらどのようなトレンド状況になっているのかを判断すればOKです。

また、1本1本を見ていったり、直近のローソク足を見ることでそこに「サイン」が生まれている場合があります。
サインがあると、上昇トレンドや下降トレンドが大きく動いたり、そもそもトレンド自体が変わったりするんです。

詳しくは以下の記事で説明しているので、ここではざっくり説明していきますね。

【FX初心者必須知識】ローソク足の見方とサイン【チャート】

ローソク足で上昇のサインを見る

ローソク足でトレンドが上昇していくのかを判断する方法は2つあります。

  1. 下ひげが長い時
  2. 陽線が大きい時

それぞれ勢いのある状況なので、チャートが上昇していくことが多いです。
例えば↓のようなチャートなんかは、下ひげが大きくなったあとに中くらいの陽線ができて上昇トレンドを描いていっています。

ローソク足で下降(下落)のサインを見る

上昇の時と同じように、トレンドが下落していくサインも2つあります。

  1. 陰線で上ひげが長い時
  2. 陰線が大きい時

もし順張りをしていたとしても下降のサインをすぐに見つけられることができれば、損失を防ぐことができますよね。
逆に逆張りをするなら、下降のサインはしっかりと見分けられるようになっておきましょう。

↑の画像の場合は、陰線で上ひげが長い下落のサインを出しています。
その後どんどん下降トレンドになっているのがわかると思います。

【重要】ローソク足でトレンドが変わるサインを見る

トレンドが変わっていくということは、例えば上昇トレンドから下降トレンドになってしまうとか、下降トレンドから上昇トレンドになってしまうということです。
順張りでも逆張りでもトレンドが変わるサインは見逃せません。
しっかりとトレンドが変換するサインを覚えましょう!

トレンドが変わるサインは、ひげが短く、陽線や陰線も短い状態です。
この状況はトレーダーが売買に悩んでいるので、拮抗した状況になってるんですね。あまり値動きがない状況なので保ち合いと言われています。

この相場状況のことをレンジ相場(保ち合い相場)と言います。
レンジ相場の時はブレイクした時(相場から抜け出した時)に大きく弾ける特徴があります。

実際にトレンドが転換した時のチャートです。
あまり値動きの続かない状況から、ブレイクしたことで上昇トレンドに変わっています。

移動平均線でトレンドを判断する

移動平均線は、一定期間の終値の平均を折れ線で示した線のことを言います。
これまでの平均なので、目安になるんですね。

移動平均線もトレンドを把握するのは簡単で、移動平均線が上向きであれば上昇トレンド、下向きなら下降トレンドと判断します。
基本的に、移動平均線は短期・中期・長期の3本表示すると分析がしやすくなります。
(私のブログでは見やすさを意識して1本しか引いてないことが多いです)

トレンドの変換サイン

やはり移動平均線でもトレンドの変換サインはあります。
ローソク足と同じで、横ばいのような状況になるのですが、移動平均線に以下のような特徴があります。

  1. 短期線が横ばいになる
  2. 中期・長期線は上昇か下降になる
  3. 期間が長くなると中期・長期線も横ばいになっていく

極端な例になりますが、↓のような状態です。

移動平均線もチャートも横ばいの状況が続いて、移動平均線自体が下降トレンドに入った段階で、実際のトレンドも変わっています。

初心者はまずトレンド相場と仲良くなろう

今回はトレンド相場の見方や意識すべきサイン・ポイントについてお伝えしました。
トレンド相場はわかりやすい相場状況ですし、最初にお伝えした「トレンド・イズ・フレンド」というくらいなのでトレンドに乗るだけで利益を得やすくなります。

今どのようなトレンドなのか、これからどのようになっていくか、まずは今回お伝えしたローソク足や移動平均線で見ていけるようになると良いでしょう。

PS.これからFXを始めようと思っている方はレバレッジ888倍で稼ぎやすいXMをおすすめしています!
夢や目標の為に稼ぐもよし、少ないお給料・お小遣いの足しにするために稼ぐもよし。
ちなみに借金のリスクはほぼありません!

管理人一押し!
レバレッジ888倍で追証なし!最も信頼できる海外FX口座
XM Trading:口座開設方法を図解解説!

-FXの基本
-, , ,

Copyright© XM口座開設のススメ【海外FXの教科書】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.