海外FXスプレッド手数料比較:国内&海外FXスプレッド手数料比較チェック

海外FX

国内&海外FXスプレッド手数料比較:チェックしたいのはここ!

投稿日:

鵜呑み出来ない!? 海外FXのスプレッドについておさらい!

FXは、L(ロング)なら安い時に買って高い時に売るS(ショート)なら高い時に売って安い時に買い戻すというのが、最もシンプルな勝つためのルールだと言えます。
もちろん、そんなにシンプルに行かないのもFXの難しさの一つですが、勝ちやすい環境でトレードするというのも、勝率を上げるためには重要な要素の一つです。

そこで注目したいのは「スプレッド」「手数料」
これから、海外FXや国内FX問わず勝率を上げるために、重要な要素の一つになる「スプレッド」についてご紹介します。

スプレッドとは

スプレッドについてシンプルにまとめてしまうと「売値」と「買値」の差額の事です。
海外FXスプレッド手数料比較:スプレッド売値買値の差

上記のように、Sell(売り)とBuy(買い)の価格が微妙に違いますよね。
このような差額の事を、スプレッドと言い、一般的にスプレッドが狭い(価格差が小さい)方がトレーダーにとって有利です。

取引所では、主にスプレッドが売買コスト(手数料)になっており、スプレッドの大きさによって、トレーダーが勝ちやすいか?負けやすいか?が大きく異なります。
そのため、勝率を上げるため、ポジションの利益を大きく伸ばすためにも、スプレッドというのは大きな要素になるのです。

スプレッドの種類

スプレッドの種類というのは大きく分けて、
「変動スプレッド」「固定スプレッド」
の2つに分けられ、海外FXの場合は「変動スプレッド」を採用している事が多く、国内FXの場合は「固定スプレッド」を採用しているケースが殆どです。

変動スプレッド

「変動スプレッド」というのは、NDD取引を採用している取引所に用いられるスプレッドの事です。

NDD取引の場合、注文をインターバンク市場(LP)に流しているので、手数料が発生します。
海外FX業者(全てではありません)は、基本的にスプレッド(手数料)に利益を上乗せしているので、変動スプレッドではスプレッドが大きくなりがちです。

固定スプレッド

一方、「固定スプレッド」OTC取引を採用しており、日本語に訳すと相対取引の事です。
NDD取引では、注文を市場に流すのに対し、OTCの場合はFX業者と取引をすることになります。

そのため、固定スプレッドが可能で(取引所がイジれる)、スプレッドも小さくする事が可能です。
国内のFX業者では、固定スプレッドを採用しているケースが多く、一部ではFX業者が注文を呑んでしまうという事が普通に行なわれています。

固定スプレッドを採用している取引所の一部では、呑み屋と同じビジネスモデルで運営されているので、投資家に不利な側面があることも少なく、一部では注文が通りにくくなるなど、かなり悪質なFXも存在しています。(OTC取引は投資家が損をすれば、するほど儲かる)

スプレッドの表記方法

変動スプレッドで採用されているスプレッドの表記方法は、主に「最大・最小スプレッド」「平均スプレッド」「リアルタイムスプレッド」の3つに分ける事が可能です。

最大・最小スプレッド

最小スプレッドとは、スプレッドが最も狭い時(価格差が小さい時)のスプレッドの事で、投資家に最も有利なスプレッド状態の事を指します。
最大スプレッドとはその逆で、スプレッドが最も大きく、投資家に最も不利な状態であるスプレッドを指していると言えます。

海外FX業者の広告などで、大きくアピールされることの多いスプレッドは、最小スプレッドを用いたスプレッドで有ることが多く、最小スプレッドのみでスプレッドの有利また不利を決めてしまうのは、少し早計だと言えます。

平均スプレッド

投資家が、FX業者のスプレッドの良し悪しを判断する際に、最も参考にしたいのは「平均スプレッド」です。
平均スプレッドとは、一定期間のスプレッドの平均を表記したスプレッドの事で、最もバランスの取れた表記方法だと言えるでしょう。

リアルタイムスプレッド

最後にご紹介するスプレッドの表記方法は「リアルタイムスプレッド」で、今現在のスプレッドを表記したものです。
主に、FX業者のWEB上などで表記されていることが多く、リアルタイムスプレッドでは、スプレッドの良し悪しを測る事は出来ません
(一時的なスプレッドなので)

表記方法のトリックに注意!

スプレッドを比較もしくは検討する際に注意したいのは、異なった表記方法でスプレッドを比較してしまう事です。

例えばA社「最小スプレッド」とB社「平均スプレッド」の比較では、あまりにB社のスプレッド表記が不利であり、A社に偏った比較結果しか得られないでしょう。

最もベターな比較方法は「平均スプレッド」で比較することで、くれぐれも表記方法の違いによるトリックに騙されないようにしましょう。

国内VS海外FXのスプレッドや税金について

FX業者を選択する際に、出てくる大きな悩みは「国内FX」「海外FX」のどちらがいいのか?という点でしょう。
もちろん、どちらも一短一長ではありますが、一般的な投資家目線から見た時の特徴やメリットとデメリットをご紹介したいと思います。

国内FXのメリットとデメリット

国内FXの方が何となく安心できるというか、成り行きで国内FXを選択している方も多いのではないのでしょうか。
国内FXを税金またスプレッドの観点から特徴やメリットデメリットをご紹介していきます。

国内FXのメリット

国内FXのメリットもしくは特徴を挙げられるとしたら、「税金」の安さというのが最も大きいと言えるでしょう。

国内FX業者を利用した場合の税区分(税金の種類)は20.315%であり、海外FXを利用した場合の税率(約50%)と比べるとかなり低い税率が適用されます。

また、国内FXはOTC取引を採用しているケースが多いので、スプレッドの狭さというのもメリットに上がるでしょう。

国内FXのデメリット

国内FXのデメリットは、なんと言っても追証です。
追証というのは、レバレッジを掛けた取引で、証拠金以上の損失を出してしまった場合に、その損失分を請求されることで、FXで借金数百万円なんていう情報を見かける事がありますが、その殆どが国内FX業者を利用しているケースです。

通貨ペアにもよりますが、価格変動の激しいペアや暴騰または暴落が発生した際に、無理なレバレッジ取引によって、多額の追証を請求されるケースは少なくありません。
また、国内FXのメリットとして上がったスプレッドの狭さというのも、OTC取引を採用しているという事なので、場合によってはFX業者によって呑まれてしまう事も、一部あります。

海外FXのメリットとデメリット

次に海外FXの特徴やメリットとデメリットをご紹介していきます。

海外FXのメリット

海外FXのメリットはなんと言っても「追証」がないという点が挙げられます。

つまり、極端な話ですが、1万円の証拠金に高いレバレッジを掛けており、10万円の損失が発生したケースでも、1万円以上の損失を支払う必要がありません。

例えば、海外FXの一つである「XM」ではレバレッジを最大888倍まで掛ける事が可能ですが、証拠金以上の損失を支払う必要がないのです。
レバレッジが888倍ということは、1万円で888万円の取引を行う事が可能であり、利益も888倍、損失が発生した場合でも証拠金以上の損失を支払う必要はありません。

追証なしというのは、最強的にトレーダーにとって都合のいいシステムだと言えます。

海外FXのデメリット

海外FXのデメリットは税金とスプレッドという二点が挙げられます。
海外FXの場合、税区分が雑所得の累進課税となるので、最大55%程度の税金を支払う必要性が出てきます。

また、海外FXはNDD取引を採用しており、FX業者が利益を出していく過程で、どうしてもスプレッドが大きくなるのです。
そのため、スプレッドの大きさというのも、国内FXと比べた際に大きく出てくるデメリットでしょう。

一般投資家には海外FXが優勢

一般投資家視点から見た時に、総合的な観点から海外FXが優勢だと言えるでしょう。

税金は法人化などで対応可能
NDD取引のため安心
スプレッドの大きさは口座の種類で対応出来る
追証がない

海外FXでは、メリットの大きさやデメリットをカバーする事が可能だからです。
一方で、国内FXのOTX取引や追証というのは、自分で取引所を開くぐらいしか解決方法がないので、勝つためにFXをするなら、海外FX一択です。

3つのポイントに注目!海外FXと言っても一括りは出来ない!

海外FXがベターな選択肢だという事は、ご紹介させて頂きましたが、海外FXと一言でまとめても、多種多様なFX業者が存在します。
FX業者を選択する際に、注目したいのは「スプレッド」「手数料」「約定力」の三点です。

スプレッド

海外FXは国内FXと比べた時に、どうしてもスプレッドが広くなりがちな事は、ご紹介させて頂きました。
その上で、海外FXを選択する際に、やはりスプレッドというのは注目したい要素の一つです。

スプレッド狭いという事は売買コストが安いという事なので、利益もしくは損失のパーセンテージや勝率が変化してくることも、少なくありません。
スプレッドを比較する際には、平均スプレッドを用いると良いでしょう。(平均スプレッドを開示してない業者は注意)

手数料

国内FXもしくは海外FX問わずに、手数料が無料というケースが多いです。
資金力の弱い間は、手数料が無料の口座を選択するケースが多いですが、一部の海外FXでは手数料を支払う事で、スプレッドを狭くすることが可能な口座を、用意しているFX業者が存在します。

大手の海外FX業者「XM」では、口座が「マイクロ口座」「XM Zero口座」、「スタンダート口座」という3つの口座を選択することが可能です。
「XM zero口座」が手数料支払うタイプに該当し、手数料を支払う事で最狭で0Pipsのスプレッドが可能な口座であり、大口投資家などが主に利用している口座です。

約定力

約定力というのは、注文を実行する能力の事で、FXでは注文が飛び交う価格変動の激しい状況では、約定力が低いと注文が通らないという事が頻繁に起こります。
そのような事態を避けるためにも、約定力というのは海外FX業者を選択する際に重要な要素の一つです。

注文が滑る(注文が通らない)というのは、損失や機会損失に繋がるので、海外FX業者の口座を開設する際は、「約定力」をチェックしておきましょう。

徹底比較!海外FXスプレッド・手数料・約定力

海外FX業者を選択する際のポイントが分かった所で、大手の海外FX業者を「スプレッド」「手数料」「約定力」という三点で比較していきます。

XM

スプレッド 手数料 約定力
1.80pips(平均) 無料 0.276/秒

上記はXMのスプレッド・手数料・約定力の一覧表です。(スタンダート)
スタンダートプランもしくはマイクロ口座の場合は、若干スプレッドが高めになっています。

しかし、Zero口座の場合は手数料を5ドル支払う事によって、最狭0picsとなるのでZero口座の場合では、手数料タイプの口座の中でも最狭のスプレッドです。
スタンダートの場合は、スプレッドが若干広いのがネックであり、Zero口座の場合は手数料がネックであると言えます。

最小の入金金額が500円からである点、口座開設によって3000円のトレード資金をプレゼントして貰える点などを考慮すると、初心者に優しく上級者でもしっかりとトレードしやすい環境が、用意されているFX業者であると言えます。

ポイント
・口座開設で3000円のボーナス
・最小入金500円でビギナーに優しい
・約定力が高め
Zero口座ならスプレッドが最狭0pips、平均0.45pips

AXIOR

スプレッド 手数料 約定力
1.10pips 無料 0.297

AXIORのスプレッド・手数料・約定力の一覧(スタンダート)
AXIORの特徴は、スプレッド・手数料・約定力全てがバランス型であるという点でしょう。
約定力はXMほど高くないが、低い訳でもなく。
手数料は通常無料、ナノスプレッド口座なら手数料が3ドル・平均0.60pips
スタンダート口座のスプレッドは、平均1.60pipsと全ての数値が低い訳でもなく、高い事もないという海外FX業者です。

XMと比べた時に、最低入金2万円と開設ボーナスがない事を考えると、「少額でちょっとだけやってみたい」というビギナーには向かない海外FX業者でしょう。

TitanFX

スプレッド 手数料 約定力
1.33pips(平均) 無料 0.450/秒

上記がTitanFXのスプレッド・手数料・約定力の一覧です(スタンダート)
Zeroブレード口座の場合は、手数料3.5ドル・最狭0pipsとXMよりも条件が良いです。

しかし、TitanFXには大きな弱点があり、約定力が決定的に弱いです。
単純計算で、1.5倍以上XMと比べた時に、掛かってしまう計算になるので、スキャルピングなどの短時間に何回も取引をするというトレードには、向かないでしょう。

管理人一押し!レバレッジ888倍で追証なし!最も信頼できる海外FX口座
XM Trading:口座開設方法を図解解説!

-海外FX
-, , ,

Copyright© XM口座開設のススメ【海外FXの教科書】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.