海外スキャルピング口座

スキャルピング

スキャルピングにおすすめな海外FX口座の選び方を教授

投稿日:

スキャルピングについておさらい

数秒~数時間(通常は数分以内)でポジションを決済するトーレド手法をスキャルピングと言います。
これは、最も有名なトレーダーの1人である「BNF氏」が一番初めに使用したとも言われているトレード手法です。 
このページでは、スキャルピング手法の具体的な説明や、おすすめのFX口座について解説していきます。 

スキャルピングのトレード手法

スキャルピングは基本的に、大きくポジションを保有し「小利・少損」を目指すものです。 
ポジションを保有する際に最も重要な事は、『相場がどのような方向に進むのかを予想すること』です。 
そこで、使われることの多い分析方法が「テクニカル分析」や「ファンダメンタル分析」です。 
スキャルピングは、ポジションの短期保有が中心になってくるので主に「テクニカル分析」が用いられます。 

しかし、その一方でスキャルピングは一度に大きなポジションを持ち、すぐに決済することが多いため、「分析はそれほど重要ではない」と言われることもあります。分析より瞬発力を重要視する人も多い、ということです。 
このように、スキャルピングとは保有ポジションを素早く解消しつつ、『小さな価格変動からいかに利益を積み重ねるか』を追求した手法であることがわかります。 

スキャルピングVS他のトレード

一般的に、スキャルピング以外で個人投資家が利用する手法は、以下の3つです。 
1つ目は「デイトレード 
2つ目は「スイングトレード 
3つ目は「ポジショントレード 
この3つの手法を、スキャルピングと比較してみます。 

デイトレードVSスキャルピング

デイトレードは、ポジションの保有時間が「数分から一日」であり、次の日にポジションを持ち越さない事が一般的です。 

一方、スキャルピングは数分間という本当に短い時間の中で取引を行うため、緻密な分析や瞬発力が必要なってきます。 
デイトレードは、スキャルピングと比べた時に、テクニカル分析などを参考にしながら、一日の価格変動を予想する必要があるため、スキャルピングよりは長期的な視点で相場を見る必要があります。 

もちろん、「ファンダメンタル分析」なども相場を予想する上で重要なファクターになります。
しかし、デイトレードにおいては「テクニカル分析」が最も重要な分析方法になると言えるでしょう。 

スイングトレードVSスキャルピング

スイングトレードとは、「1日~数週間」に渡ってポジションを保有するトレード手法の事です。 
この場合は、「ファンダメンタル分析」が最も勝率を変化させる重要な要素になってきます。 

前述したとおり、スキャルピングは小さな価格変動が利益の増減に大きく影響します。
一方で、スイングトレードは数時間ほどの価格変動ならばそれほど重要ではないため、チャート画面に張り付く必要はありません。
つまり、時間のない兼業投資家向きのトレード手法だということです。 

ポジショントレードVSスキャルピング

スキャルピングが最も早くポジションを決済するトレード手法なら、ポジショントレードは最も長くポジションを保有するトレード手法です。
ポジショントレードでは、ポジションを「数週間~数ヶ月」に渡って保有します。

ポジショントレードでは、為替変動による利益も重要な収益の一つになりますが、ポジションの保有が長期になるため「スワップ金利」も大きな収益の一つになります。
スキャルピングは、ポジションの保有期間が短く「瞬発力・判断力」が大きく収益を左右しますが、ポジショントレードにおいては、ファンダメンタル分析等を利用した「相場を読む力」が必要です。

スキャルピングがスポーツの「格闘技や球技」なら、ポジショントレードは頭脳戦が中心となる「チェスや将棋」だと言えます。

スキャルピングのメリット・デメリットは?

どんなトレード手法にも、メリットデメリットが存在します。
環境や性格などによって、各メリット・デメリットの異なるため、両者を天秤に掛けながら「自分にあったトレード手法なのか?」という点を意識してください。

スキャルピングのメリット

スキャルピングのメリットは「取引回数」・「リスクが限定的」の2点が上げられます。

経験を積める!取引回数の多さ

スキャルピングでは、数秒から数時間でポジションを決済します。通常は数分でポジションを決済してしまう事が多いでしょう。
そのため、他のトレード手法と比較した時に、トレード回数が多いのでたくさんの経験を積むことが可能という点が、大きなメリットとして挙げられます

トレードで勝つためには、知識や分析などたくさんのスキルが必要になってきますが、よほどの天才でない限り最終的には経験という部分が大きく差を付けてくることが多いでしょう。
経験が重要である点を、最も感じる事の出来る点の1つに「損切り」が上げられます。

うまいトレーダーほど、損切りがうまいと言われますが、損切りは損を確定させる行為であり、初心者にはメンタル的にやられてしまう事が多いです。
損切りの精度を上げるには、ルールを徹底し、それを守るという経験が必要になってくるので、スキャルピングでは場数多い分たくさん経験する事が可能です。

リスクが限定的

スキャルピングのもう1つのメリットとして、挙げられるのは「リスクが限定的」という点です。
スキャルピングでは、ポジションを大きく持ちますが、素早く決済するので価格変動が激しい相場(仮想通貨相場等)でトレードない限り、初心者でも資金が全て吹っ飛ぶような事は無いでしょう。

しかし、いくら素早く決済すると言ってもリスクは付き物であり、資金の割合を大きく占めるような大きなポジションは、持たないようにしましょう。

スキャルピングのデメリット

スキャルピングのデメリットとして「面倒くささ」が挙げられます
スキャルピングの他のデメリットとして「利益が少ない」「スプレッド負担が大きくなる」なども上げられますが、この点に関してはポジションを大きくする事や、使用する口座を変更する等で、ある程度対応する事が可能です。

しかし、スキャルピングの「面倒くささ」というのは、どうしても変える事が出来ません。
スキャルピングは、小さな価格変動でも利益に大きな影響を与えるので、ポジションを保有している間はチャート画面に張り付く必要があり、レードに際して費やす時間はポジション保有時間に比例します。
この点は、どうしてもスキャルピングのデメリットとして残ってしまいます。

海外FXでスキャルピングはおすすめ?

きっと、この記事を読んでる方は「海外FXでスキャルピングをしたい!」という要望をお持ちの方が多いと思います。
なので、海外FXでスキャルピングはおすすめできるのか?という点について書き留めて行きます

海外FXとスキャルピングの相性がいい

結論から申し上げると海外FXとスキャルピングという組み合わせは、おすすめです
理由として「レバレッジの高さ」というのが最も大きな要素になってくるでしょう。
というのも、国内FX業者では、規制によって25倍までしかレバレッジが掛けられないようになっています。

そのため、どうしてもスキャルピングに必要になってくるポジションの大きさという点に関して、少額の資金では非効率になって来ることが多いでしょう。
しかし、海外FX業者では日本国内の規制対象ではないので、多くの海外FX業者で数百倍のレバレッジを掛ける事が可能です。

例えば、海外FXの一つである「XM」では、最大888倍のレバレッジを掛ける事が可能です。

高いレバレッジでは「追証が不安」という声が出てきそうですが、「XM」は追証なしなので、証拠金以上の損失を支払う必要がありません

資金効率の観点からスキャルピングするなら、海外FXがおすすめであると言えるでしょう。

そもそもハイレバは長期に向かない

海外FXのもう1つのメリットに、レバレッジの高さというものがあります。
しかし、ハイレバレッジは資金を効率的に動かす事が可能であるという点がある一方で、元本を大きく失ってしまうリスクも同時に含んでいます。
そのため、価格変動が大きくなる中長期なポジションに対して、海外FXの魅力の一つであるハイレバレッジを掛ける事はおすすめできません。

スキャルピングするなら押さえたい事

「おすすめできる海外FX業者はこれ!」というのは、トレード手法などによって異なるので、万人に受けるという海外FX業者をご紹介するのは難しいです。
しかし、海外FXでスキャルピングをするなら、しっかりとチェックしておきたいポイントが2点あります。

それは「スプレッド」と「約定力」という2点で、このおすすめ度を変化させる2つの点について詳しくご紹介していきます。

スプレッド

※実際の注文画面のスプレッドについての画像が欲しいです。
スプレッドというのは、簡単にまとめてしまうとLong(買い)Short(売り)の価格差の事です。
スプレッドについて詳しく知りたいなら

海外FXでは、一般的にNDD取引を採用しており、その仕組からどうしてもスプレッドが広くなりがちです。(スプレッドが広ければ、広いほど不利)
しかし、「スキャルピングは取引回数が多くなる」という特徴を持っており、海外FX業者でスキャルピングをすると、負担の大きいスプレッドでたくさん取引をすることになるのです。

そのため、スプレッドというのは、大きくおすすめ度を変化させる要素になってくるので、海外FXでスキャルピングをするならスプレッドの広さに注力を当てて、有利なスプレッドを提供している海外FX業者を利用しましょう。

約定力

約定力というのも、海外FXのおすすめ度を分ける大きな要素の一つです。
約定力を一言でまとめると「注文を通す力」。
FXでは、価格変動の激しい時に、どうしても注文が通りにくくなりがちで、約定力というのも海外FX業者を利用する際に、大きな要素の一つになってくるでしょう。

特に、スキャルピングにおいては約定力の強さが勝率に大きく影響を与えます。
なぜなら、スキャルピングは短い時間でのポジション決済が多いので、一秒一秒が利益を左右します。

そのため、約定力の低さから注文が滑る(注文が通らない)なんて事があると、利益を小さくすることはもちろんですが、損失を大きくしてしまうかもしれません。
海外FX業者を選定する際は、約定力という点もおすすめ度を左右する要素の一つです。

スキャルピングには「XM」がおすすめ

先ほど、海外FXとスキャルピングについてご紹介させて頂きましたが、「約定力」・「スプレッド」という観点から最もおすすめの海外FX業者をご紹介します。
それはXM」という海外FX業者であり、XMとスキャルピングの組み合わせがなぜおすすめなのか?という点について解説していきます。

スキャルピング×XM

スキャルピングに重要なのは、「スプレッド」と「約定力」という点に関してはしっかりと理解出来たと思います。
これからXMの「スプレッド」・「約定力」に焦点を当ててご紹介します。

スプレッドが0pips!Zero口座の衝撃

海外FX業者でネックになりやすいスプレッド。
取引回数の多いスキャルピングでは、必要経費としてかなり多くのスプレッド負担を支払うケースも少なくありません。

しかし、XMのZero口座なら、5ドルという固定手数料を支払う事で、最狭0pips・平均0.45pipsという低さを実現しています。

比較対象として同じ大手の海外FX業者の一つであるAXIORYでも、「ナノスプレッド口座」があります。
3ドルの固定手数料に最狭0.1pips・平均0.6pipsと、XMよりも広いスプレッドを取られてしまいます。

固定手数料はAXIORYよりも、XMの方が2ドル固定手数料が高いですが、0pipsという数値を考えれば、高いものではありません。
スプレッドの観点から見た時に「XM」はスキャルピングにおすすめであると言えます。

最も有利なタイミングで決済を!約定力

実は大手海外FX業者にはもう一つ、スプレッドが最狭0pipsになる口座を提供しているTitan FXがあります。
しかし、約定力という観点で見た時に、
「XM:0.246/秒」
「Titan FX:0.450/秒」
と、XMの方が1.5倍近い約定力を持っており、Titan FXでも注文が滑るなんて事は稀でしょうが、スキャルピングにおいては「約定力」が本当に重要な要素になってきます。
約定力の観点から見ても「XM」はスキャルピングにおすすめであると言えます。

入金しなくてもトレード可!?XMの魅力

スキャルピングの観点から見た時に、XMがおすすめであるという点についてはご紹介させて頂きました。
しかし、「XM」は魅力はそれだけではなく、最小入金額が500円であり、口座開設のみで3000円のトレード資金を得ることができるというボーナスもついています。

トレード資金が3000円分ついてくるので、初めは入金しなくても試しにトレードするなんて事も可能であり、取り敢えずFXを触ってみたいという方にもおすすめできる海外FX業者です。
「最小入金額が低い」「ボーナスが付いてくる」という点から「XM」は、初心者の方にもおすすめできます。

XMの魅力まとめ
・「約定力」「スプレッド」がスキャルピングに強い
・3000円のボーナスがあり
・最小入金額が500円であり、初心者におすすめ

-スキャルピング
-, ,

Copyright© XM口座開設のススメ【海外FXの教科書】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.