海外FX

もしFXで一攫千金したいなら!海外FXハイレバがおすすめ!

投稿日:

現実的にFXで一攫千金は可能なのか?

よくネットで見かける事のあるFXで数億円稼げました!みたいな広告や記事。
なんというか、現実的ではないように感じてしまいますよね。
しかし、少数派ではありますが、実際に存在します

もちろん、FXではしっかりと稼ぐための経験や知識が必要となります。

しかし、1つ押さえたいのはFXで一攫千金をするために重要な要素の一つとして、どんな環境でトレードするのか?という点も大きなポイントの一つになります。
これから、FXの基本的なおさらいやトレード環境の大きな分かれ目である「国内FX」と「海外FX」の違いについてご紹介します。

FXについておさらい

FXについて少しだけおさらいしていきましょう。
FXを押さえるために必要なのは「為替」「レバレッジ」という二点です。

FXで利益が出る仕組み「為替」

FXは、通貨の価値の変動を利用する事によって、つまり「為替の変動」によって利益を出していくのです。

王道の例えば話ではありますが、アメリカに旅行しに行ったと仮定しましょう。
アメリカについたので、「1ドル/100円」の相場で10万円分を両替したとします。
帰国する際に100ドルが余ってしました。
この時に100ドルを円に両替すると、為替の変動によって「1ドル/110円」になっていたため、1万1千が帰ってきました。

元のレートなら1万円のみの両替になりますが、為替の変動によって1000円分増えたのです。
もしこれが、10万円なら1万円の利益ですし、100万円なら10万円の利ざやが狙えます。
これが根本的なFXの利益が出る仕組みです。

少ない力で大きな効果「レバレッジ」

FXで一攫千金するための最も重要なポイントは、この「レバレッジ」です。
レバレッジというのは、てこの原理の「てこ」という意味です。

FXでは「てこ」を掛ける事が可能で、簡単にまとめてしまうと10万円でレバレッジが25倍の場合は、250万円の取引を行う事が可能です。
もしも、トレードが成功すれば利益は25倍・失敗すると損失も25倍というシステムです。

FXで一攫千金を狙うなら基礎知識から

FXでは「為替」「レバレッジ」という二点の要素が噛み合う事で、上手くいくと一攫千金を狙う事が可能です。
しかし、基礎知識や経験などを全く得ていない方が、挑戦しても損をする可能性はかなり高いと言えます。

もしも、FXで一攫千金を狙うなら、基礎知識やデモトレード等で経験を得てからにしましょう。

デモトレードというのは、入金する必要がなく、仮想のお金でトレードする事です。
いわば「FXの練習」と言えるシステムであり、未経験の方はデモトレードから始めると良いでしょう。

国内FX業者・海外FX業者

投資で成功しているしている有名人の1人であるボビー・オロゴンは、FXの環境が整っていない時に、銀行の両替を利用して為替取引を行っていたそうです。
しかし、現在において為替取引で利益を出すには、FX業者を利用する事が最も効率がよく、ポピュラーです。
FX業者を選択する際に、大きく出てくる選択肢は「海外FX」or「国内FX」という2点です。

国内FX

一攫千金という点から考えた時に、国内FXの特徴は「レバレッジの低さ」「取引方法」が注目したいポイントです。
国内FX業者では、規制によってレバレッジの上限が25倍までと決められています。
海外FX業者と比べた時に、かなり低いレバレッジであり、一攫千金を狙うには少し物足りないでしょう。(一部では10倍になるという声もあります)

また、取引方法が「OTC取引」という取引方法を、使っているので「投資家が損をすると得をする」というシステムになっています。
そのため一部の悪質なFX業者では、注文を呑まれてしまう事があるなど、一攫千金しにくい環境であると言えるでしょう。

海外FX

一攫千金という観点から見た時に、海外FXの特徴は「レバレッジの高さ」「取引方法」が上げられます。
海外FXの特徴として、レバレッジの高さというものが大きく出てくるでしょう。

例えば「海外FXの一つであるXM」では、888倍というかなり高いレバレッジを掛ける事が可能なので、一攫千金をする上では強みになるでしょう。

また、取引方法が「NDD取引」という手法を用いているので、海外FX業者の場合は、ユーザーが取引をしてくれたら儲かります。
つまり、海外FXには注文を呑むなど、顧客に損失を与えるような事をしても、海外FX業者に得はありません。

むしろユーザーが得をして、沢山取引してくれた方が儲かる仕組みなのです。
そのため、海外FX業者の方が勝ちやすい環境であると言えるでしょう。

一攫千金を狙うならやっぱりハイレバ!

一攫千金を狙うなら、ハイレバレッジはやはり選択肢の一つとして入ってくると言えます。
これから、ハイレバレッジの概要やそれが可能な海外FXの強みに迫っていきます。

やはりレバレッジの高さは魅力

通常の労働から得る収入、主に給与所得というのは時給や月給など、時間あたりに対しての対価が決められており、どれだけ働いてもある程度稼げるお金は決まっていますよね。
しかし、FXではポジションが100万円であろうが、1億円であろうが注文し・ポジションを確定させ・ポジションを決済するという単純な作業のみなので、同じ時間作業しても元手の大きさで大きな差が出てしまうんです。

そこで、やはり少額から始める際に、レバレッジの高さというのは、元手の少なさを補ってくれる一攫千金を目指す際に大きな力となってくれるはずです。
なぜなら、レバレッジは10万円の証拠金のみでも、「XM」のような最大888倍が掛けられる場合は、8888万円の取引をしてしまう事が可能なのです。

追証なし!海外FXの強み

海外FXの強みの一つである「レバレッジの高さ」という点についてはしっかりと理解出来たと思います。

しかし、海外FXには「レバレッジの高さ」という部分と同じくらいの強みがもう一つあり、それは「追証」です。
これから「追証」について詳しくご紹介します。

国内にハイレバレッジがあったらヤバイ

もしも、国内FXに888倍のようなFX業者が存在すると、かなり恐ろしい存在になると言えます。
というのも、レバレッジは利益を数倍~数百倍にする事が可能ですが、損失に関しても数倍~数百倍になってしまうという特徴を持っています。

ここで一つ疑問が生まれますよね。
高いレバレッジで、証拠金以上に損をしてしまったら、どうなるの?という疑問です。

国内FX業者では、この証拠金以上の損失を、追証という形で請求してきます。
もしも、国内のFX業者に追証あり「888倍」のレバレッジを提供している業者がいたら、10万円の888倍=8888万円の取引が可能です。
(通常国内FXは25倍まで)

そして、予想以外の方に相場が1%動いた場合・・・・88万円の損失が発生します。
もちろん、追証があるので、残りの「78万円」が請求される事になり、支払えない場合は「借金」という形になるケースが少なくありません。

海外FXが最強な理由「追証なし」

一攫千金を目指す上で、ハイレバレッジを利用して、運用していくというのは魅力的な選択肢の一つであることを、ご紹介させて頂きました。
高いレバレッジの大きなリスクとして通常「追証」というものが付いてくることもご紹介させて頂きました。

しかし、海外FX業者に関して言うとほとんどの業者「追証なし」で利用する事が可能です。
つまり、先程の例で言うと77万円」分の損失はカバーする必要がないのです。

これはどんなサポートやサービスよりも、優秀な顧客保護だと言え、トレーダーにとってかなり優しいシステムだと言えます。

危険?ハイレバのリスク

海外FXの魅力の一つであるハイレバレッジのリスクを、カバーする事が可能になる「追証なし」という仕組み。
これによって、ハイレバレッジのリスクというのは、かなり押さえられています。

それでも、やっぱりハイレバレッジは怖い!という方のために、リスクについて触れていきましょう。
リスクはしっかりと理解し、回避する事が重要です。

元本を失うリスクはある

海外FXで、ハイレバレッジを行う上での最大のリスクは「元本を失う」という事でしょう。
海外FXでは、追証がないので証拠金以上のお金が減るというリスクを、負うこと事はありません。
そのため「借金」というリスクはなく、「マイナス」になるということはないのです。

しかし、いくら追証なしでも「元本を失う」リスクはあるため、「ゼロ」になるかもしれないというリスクはあります。
特に高いレバレッジで運用している場合は、そのリスクが高くなりがちです。

資金管理を徹底する

例えば、投資に使える資産(余剰資金)が「100万円」あったとします。
この100万円全てを証拠金として使用し、「XM」で888倍のレバレッジを掛けたとしましょう。
つまりポジションは、8億8000万円になります。

もし、価格が予想する方向に1%動いたら、880万円の利益を得ることが可能です。
しかし、逆の方向に動いてしまったら、証拠金が全て吹っ飛んでしまうことになります。
この場合では、資産が100万円なので、資金を100%無くしてしまう事になります。

そのため、ハイレバレッジでの運用によって、一攫千金を狙うなら、資金管理を行い「バランス」を考えた運用をしましょう。
先程の例で言えば、100万円の内「10万円」証拠金のみにレバレッジを掛ければ、資金の10%なので大きくお金を飛ばすような事は起こりません。

ハイレバレッジで、一攫千金を狙うならゼロ」にならないためのリスク管理を徹底する必要があります。

ハイレバじゃなくても海外FXがいい

海外FXのメリットは、語りだしてしまうキリがありませんが、一攫千金という観点で大きく出てくるのは「レバレッジ」と「追証なし」という点でしょう。
しかし、ハイレバレッジによって一攫千金を狙わない場合でも、海外FX業者のほうが国内FX業者よりも有利な点が多いのです。

海外FXはトレーダーに優しい

海外FX業者のほうが、国内FX業者よりも有利な点をもう一つ挙げるなら、「NDD取引」を採用している事です。
NDD取引というのは、ノンディーリング・ディスクの略式で、日本語では「インターバンク直結型」と呼ばれる事もあります。

OTC取引」は国内FX業者が採用している取引方法ですが、主にFX業者がディーラーとなり、業者と取引をする事になります。
つまり、誤解を恐れずに言うとOTC取引は「投資家が損をすれば儲かる」という取引方法です。

また、一部では投資家が不利になるように様々な面で、色んな嫌がらせをしてくるFX業者が存在します。
しかし、NDD取引ではFX業者が「ディーラー」ではなく、投資家が儲かろうが、儲からまいが取引があれば、業者が儲かる仕組みです。
そのため、取引量を増やす(投資家が儲かって、多く取引をする)事によって、大きく利益を挙げることが可能なのです。

ちなみに、ほとんんどの海外FX業者では「NDD取引」を採用しています。
もしも、FXで一攫千金を狙っておらず、ハイレバレッジで運用する予定がなくとも、海外FXを利用するというのは大きなメリットがあるのです。

最高レバレッジ888倍!XMがおすすめ

一攫千金をするなら・FXで資金を運用するなら「海外FXが有利」という点については、しっかりと理解出来ましたよね。
しかし・・・海外FXと一括りにまとめてしまっても、現在ポピュラーなものだけで、数十種類は海外FX業者が存在します。

中には、海外FXの強みである「NDD取引」を採用していない業者もいたりなど、「どんな海外FX業者を使うのか?」という点も、FXで勝つためには重要です。

海外FXならXM一択!

総合的な観点から見た時に、海外FX業者は「XM」が最強であると言えるでしょう。
その最強たる由縁を「概要・「特典」という2点に分けてご紹介します。

XMの概要

スプレッド 手数料 約定力
1.80pips(平均) 無料 0.276/秒

(スタンダード口座の場合)

XMには「スタンダード口座」・「マイクロ口座」・「Zero口座」という3つの種類の口座があります。
スタンダード口座・マイクロ口座のスプレッド・手数料・約定力に大きな違いはありません。
しかし、Zero口座は一回あたり5ドルの手数料を支払う事によって、最狭0pipsというスプレッドが可能になります。

約定力やスプレッド・手数料に関しては、他の海外FXと比較した時に全体高い数値を出しており、最もバランス型の海外FX業者だと言えます。

XMにしかない特典

「初心者の方」に特におすすめなのが「XM」です。
というのも、「XM」は無料の口座開設をするだけで、3000円のトレード資金をプレゼントして貰う事が可能です。
つまり、損をしても実質的に損をすることがなく、利益を出すと「利益が出る」という事が可能な通常では、考えられないトレードをする事が出来ます。

また「最小入金額500円」から可能というのも、初心者におすすめしたいポイントです。
初心者の内は損をすることの方が多いですし、そもそも投資に回すお金を工面できないという方も多いでしょう。

通常、他の海外FXでは「2~3万円程度」の入金が最小入金額となっている事が多いので、ビギナーに優しいFX業者だと言えます。

-海外FX
-,

Copyright© XM口座開設のススメ【海外FXの教科書】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.