iPhone用MT4の使い方と機能:アイキャッチ

XM trading iPhoneのMT4

海外FX【XM trading】iPhone用MT4の使い方と機能:その③

投稿日:

iphone用MT4 使用方法を解説(3):アイキャッチ

iPhone用MT4の使用方法と機能:その③

前回は、海外FX【XM trading】iPhone用MT4の使い方と機能についてご紹介しました。 参照:海外FX【XM trading】iPhone用MT4の使い方と機能:その② 今回はいよいよiPhone/iPad版のMT4アプリから実際に注文を行う方法を解説して行きます。これまでに解説してきた環境設定をしっかり整えて、ご自身にあった最適な状態で臨みましょう。

取引の準備

iPhone版のMT4は、画面下部に表示されているメニュータブから注文画面に移動する事が出来ません。注文画面に移動するには、次の2通りの方法をとります。
1. 気配値画面で取引したい通貨ペアをタップする 2. 取引したい通貨ペアのチャートをタップする
1、2のうち、いずれかのを行ったあと「トレード」を選択すると画面に移動する事が出来ます。なお、チャートのインディケーターなどで取引のタイミングを判断する事が一般的なので、チャート画面から注文画面に移動する方が多いです。

注文する

注文を行うまでは、5ステップあります。ここからは、ステップごとにご紹介して行きます。

取引対象の通貨ペア

注文画面の最上部にある通貨ペアが正しいか確認します。上記の画像では①で示された「EURUSD」の場所です。 なお、通貨ペアを変更するには、通貨ペアの文字上をタップする事で可能です。 また、気配値画面で一覧表示設定した通貨ペアでないと取引ができなくなっているので、ご注意ください

注文種別

初期表示では、「マーケット実行」が選択されている状態になっています。 この「マーケット実行」とは、成行注文(即時注文)を意味します。即時注文したい場合は、初期設定のままで問題ありません。 また、「マーケット実行」の文字をタップすると、4種類の注文方法を選択できます。 4種の内容は次の通りです。
Buy Limit(指値買い) 価格が下落した時に、買いたい場合 Sell Limit(指値売り) 価格が上昇した時に、売りたい場合 Buy Stop(逆指値買い) 価格が上昇した時に、買いたい場合 Sell Stop(逆指値売り) 価格が下落した時に、売りたい場合
上記の中から種別を選択すると、「価格」という項目が表示されるようになるので、注文したい価格を入力欄に入れます。
ワンポイント例えば、「Buy Limit」(指値買い)を指定した場合は、現在値より高い値を注文する事ができません。また、「Buy Limit」(指値売り)を指定した場合はも、現在値より低い価格を入力する必要があります。
iphone用MT4 使用方法を解説(3)

取引数量

画像の❶に表示されている「-0.1 -0.01 ・・・」と並んでいる数字の箇所は、取引数量を選択する枠です。この数値を直接タップする事で、数量を変更可能です。 なお、「取引数量」は、同じ1ロットでも最初に選択した口座の種類によって数量が異なります。設定口座に準じたロット数をしっかり確認して、誤注文やミスをなるべく防ぎましょう
取引数量XM マイクロ 口座(1ロット=1,000通貨) XM スタンダード口座(1ロット=100,000通貨) XM Zero口座(1ロット=100,000通貨)
取引数量と証拠金についての補足 仮に、(ドル円が1ドル=110.00円の時)XMスタンダード口座で1ロット取引する場合は、110.00円×100,000通貨=11,000,000円分を取引することになる ただし、この時11,000,000円が実際に必要というわけではなく、XM Tradingの最大レバレッジ888倍の場合は、11,000,000÷888倍=12,387円の計算により、約12,387円の必要証拠金で取引が可能となる ところも大きなメリットです。
 

ストップロス・テイクプロフィット

画像❷にある数値です。この数値は新規注文と同時に、損切りする値や利益確定する値を設定する事ができるものです。 ちなみに、この2つの言葉の意味は以下の通りです。
ストップロス : 損切り値 テイクプロフィット : 利益確定値
このシステムの使い方として、買い注文の場合は、ストップロスを現在値より低い値にし、テイクプロフィットを現在値より高い値に設定します。 また、売り注文の場合は、ストップロスを現在値より高い値にし、テイクプロフィットを現在値より低い値に設定します。 上記の逆の値やスプレッドの範囲内では、注文することができません。 なお、ストップロスとテイクプロフィットのどちらかだけを設定することもでき、特に設定しない場合は、入力の箇所を空欄にしておきます。

「売り」と「買い」

画像の❸で示された赤と青のボタンで売りと買いを行う事が出来ます。
Sell by Marke : (市場価格で即時)売り Buy by Market : (市場価格で即時)買い
「マーケット実行」(即時注文)の場合は、この売買ボタンが表示されるようになります。このボタンを押すと、即時注文が執行されるシステムになっています。 逆に、指値・逆指値注文の場合は、売り又は買いボタンは表示されず「発注」ボタンが表示されます。この「発注」ボタンをタッチすると、次は予約注文が行われます。そして指定した価格になると注文が執行されます。この機能では、有効期限を設定することも可能です。 なお、通常青色の「注文」ボタンがグレーになって注文できない場合は、入力値のエラーです。こちらもスプレッドの範囲内やBuy Limit(価格が下落した時に、買いたい場合)で現在値より高い価格を指定した場合は注文が出来ないので、エラーが発生した場合は入力した値が正しいか確認しましょう。 これで注文の5ステップは完了です。 次は決済に移ります。

決済

決済を行う手順を説明して行きます。 まず、MT4アプリの下部に表示されている「トレード」のタブをタップします。口座とオーダーの詳細、注文して保有中のポジション等の情報が一覧で表示されるので、決済したいポジションを2秒ほど長押しでタップします。 長押しするとポップアップメニューを開きます。メニューが開いたら「クローズ」(決済)を選択します。 なお、成行注文(即時注文)を選択している場合は、希望のタイミングで「Close with ….」ボタンをタップします。また、ここから数量を指定して分割決済をすることもできます

注文内容の変更

注文の変更はMT4アプリ下部に表示される「トレード」タブから行います。 まず、注文を変更したい項目を2秒ほどタップしたままにします。すると、ポップアップメニューが表示されるので「注文変更」を選択します未執行の注文は、削除や価格、ストップロス・テイクプロフィット」の注文を変更できます。 ただし、注文種別は変更不可なので、Buy StopからBuy Limitに変更したいなどの際は、一度注文を削除し、注文し直す必要がありますので、覚えておきましょう。 なお、既に保有済みポジションの注文変更は、「ストップロス・テイクプロフィット」しか変更する事が出来ませんのでご注意ください。 MT4アプリを使った新規注文の方法の解説は以上となります。 MT4のバージョンにより多少画面配置が異なる場合がありますが、新規注文の操作や用語自体は同じです。   Android版の操作方法については、また別の回でご紹介いたします。
管理人一押し!レバレッジ888倍で追証なし!最も信頼できる海外FX口座 XM Trading:口座開設方法を図解解説!
]]>

-XM trading, iPhoneのMT4
-, ,

Copyright© XM口座開設のススメ|レバレッジ888倍でゼロカット※追証無し【海外FXの教科書】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.