FXの基本

海外FXと国内FXの違いって何?おすすめなのはどっち?

投稿日:

<海外FX・国内FXの最も大きな違い

海外FXと国内FXの違いが分からない!結局どっちが良いの?
FXを始めようとしている方、もしくは既にFXを行なわれている方・・・「海外FX業者と国内FX業者の違い」をしっかりと認識されていますか?

なんとなく広告で見かけたから、なんとなく良さそうだったからという理由で、「海外FX業者」もしくは「国内FX業者」を利用されている方は、少なくないと思います。
しかし、海外FX業者と国内FX業者の間には、勝率を左右させる可能性がある「大きな違い」があります。

これから、気になる海外FX業者と国内FX業者の違いをご紹介していきます。

注文方式が違う

海外FX業者と国内FX業者の最も大きな違いは注文方式」にあると言っても良いでしょう。

海外FX業者は「NDD取引
国内FX業者は「OTC取引
を用いています。(一部の海外FX業者では、OTC取引の場合もあり)

NDD取引の概要

海外FX業者に用いられている「NDD取引」。
ノーディーリング・デスクの事であり、日本語に訳すとディーラーがいない取引方法の事です。

FX業者は、LP(リクイディティプロバイダー)と契約しており、登録されている複数の銀行と為替取引をします。
つまり、NDD取引では、トレーダーの注文をそのままLPに流すのです。
少し分かりづらいかもしれませんが、まとめると

トレーダー→FX業者→LP」という順番でトレーダーの注文が流されます。
間接的ではありますが、トレーダーはLPと取引をしておりFX業者は取引の仲介をするのみです。

海外FX業者は、この注文に利益を上乗せして約定させます。

OTC取引の概要

国内FX業者が主に使用している注文方式は「OTC取引」です。
日本語では、店頭取引・相対取引と呼ばれる事もあります。

勘の良い方はもうお気づきかも知れませんが、「OTC取引」はディーラーありの取引の方法の事です。
つまり、トレーダーディーラー(国内FX業者)が取引をするのです。

カジノと似通っている部分があるかもしれません。
というのも、カジノではディーラーとプレイヤーが勝負して、ディーラーが勝てばプレイヤーの分を持っていって、その逆もあります。
もちろん、カジノではプレイヤーの期待値が低い(合計で必ず負ける計算)ので利益が出る訳ですが、OTC取引の場合も同様です。

FXでは、9割の人が負けると言われているので、一部のトレーダーを除いて「負け組トレーダー」がOTC取引をしている業者の利益です。

NDD取引の特徴

NDD取引の特徴として「安心感」という点と「スプレッド広さ」が挙げられるでしょう。
NDD取引は、LPとトレーダーが繋がっている状態であり、ディーラー側の不利な操作によって利益が失われる可能性はありません。(限りなく少ない)

そもそも、海外FX業者は取引の手数料から儲けているので、トレーダーが負けようが勝とうが儲かる仕組みになっているのです。
しかし、その分「スプレッド」が広くなります。
というのも、NDD取引を採用しているFX業者は、LPとトレーダーの間に入って利益を上乗せしているので、どうしても広くなるのです。

OTC取引の特徴

OTC取引の特徴は「スプレッドの狭さ」と「利益相反関係」の2点です。

スプレッドの安さ

OTC取引では、トレーダーの注文から利益を得る必要がないので、スプレッドを狭くできます
スプレッドは言わば、トレーダーに対する手数料と言えるので、スプレッドの狭さは魅力の1つでしょう。

「トレーダー」VS「FX業者」

1つ忘れてはいけないのが「トレーダーと国内FX業者」の関係性です。
OTC取引では、「トレーダー」と「国内FX業者」が利益相反の関係になります。

先程もご紹介しましたが、「トレーダーが損」=「国内FX業者が得」という関係性なのです。
NDD取引では、トレーダーが損or得しようが儲けが出てきます。
しかし、OTC取引は呑み取引なので、例えばトレーダーが100万円損をすれば、100万円OTC取引の元手(業者)に入ってくる仕組みなのです。

また、1つ注目したいのは「国内FX業者のプラットフォーム」です。
プラットフォームというのは、海外FX業者でいうMT4のような取引をするためのツールの事です。
国内FX業者では、プラットフォームを独自で開発しているので、幾らでも取引を操作してしまう事が可能なのです。

一部の国内FX業者では、「ストップ狩り」・「レートずらし」などが意図的に行なわれていると言われており、トレーダーが損をするように仕向けていると言われています。

ストップ狩りとは・・
ストップ注文をわざと決済する事、これにより損切りライン等に使用していた場合、強制的に損を確定させられる
レートずらしとは・・
レートをリアルタイムの物とずらす事で、トレーダーが不利なレートで取引をする可能性がある

スプレッドの狭さが魅力の1つではありますが、安さの裏にはとんでもないカラクリが存在するかもしれません。(一部の業者です)

海外FX業者の特徴

先程、海外FX業者と国内FX業者の大きな違いである「注文方式」についてご紹介させて頂きました。
しかし、海外FX業者と国内FX業者違いはそれだけではなく、両者に一短一長・特徴があります。

これから、海外FX業者と国内FX業者のメリット・デメリットをはっきりさせるためにも、両者の違いについて見ていきましょう。

ハイレバレッジ

海外FX業者と言えば「ハイレバレッジ」を思い浮かべる方が多いでしょう。
ハイレバレッジというのは、高いレバレッジの事です。

国内FX業者は、規制によってレバレッジに上限があり現在、FX業者が設定する事が可能な最高レバレッジは25倍です。
一部では規制がもっと厳しくなる事で、将来的に10倍程度になる事も予想されています。
もちろん、無理なレバレッジを掛けてしまうのは、リスクが高く危険な行為ではありますが、資金効率」の観点から見た時に「魅力」の1つです。

例えば、海外FX業者の「XM」では、最大888倍のレバレッジを掛ける事が可能です。
レバレッジが低い国内FX業者との違いがはっきりと出ており、海外FX業者のメリットです。

追証なし

追証がないというのは、海外FX業者の最大の特徴・魅力の1つであり、国内FX業者との最も大きな違いだと言えます。
追証というのは、証拠金以上の損失が発生した場合に、トレーダーが損失分を補填するように請求される事です。

例えば、海外FX業者の「XM」を利用した場合
1万円に888倍のレバレッジを掛けたとします。(ポジションは888万円)
もし、予想と反する方向に1%動いた場合、888万円の1%=約8万円の損失になりますよね。

追証とは「8万円(損失)-1万円(証拠金)=7万円」を補填する必要がある仕組みの事です。
しかし、海外FX業者は「追証なし」なので、この7万円を支払う必要がありません。(XMも追証なし)

国内FX業者は「追証あり」なので、暴騰や暴落が起こった場合に、多額の損失分を請求されるケースがあります。

例えば「リーマンショック」が起こった時には、ニュースで「主婦が数百万円の追証」なんて事が特集されていました。
経済危機はいつでも起こりえますし、為替の場合は「国の信用」によって変動が起こるので、経済危機のみではなく「政治的」な部分においても為替が大きく変動する可能性があります。

その際に、必ず注文が確定出来ると言えるでしょうか?国内FX業者が独自に開発しているプラットフォームで、、、
何れにせよ、証拠金以上の損失を出す可能性のない海外FX業者の追証なしという仕組みは、最も良心的な顧客保護だと言えます。

約定力

海外FX業者の特徴に「約定力の高さ」が挙げられます。
というのも、国内FX業者を経験されている方で、海外FX業者を使用した際に「注文の素早さ」に驚くと思います。

その中でも、LPが優秀な(銀行の数が多い)海外FX業者は、約定力が高くなります。
スキャルピング等のトレード手法を用いている方は、特にその恩恵を強く感じる事が出来るでしょう。
国内FX業者と比較した際に「約定力の高さ」も、海外FX業者との違いだと言えます。

国内FX業者

先程、海外FX業者の特徴についてご紹介させて頂きましたが、国内FX業者にも特徴から見られるメリット・デメリットがあります。
海外FX業者と国内FX業者の良し悪しを判断するためにも、しっかりと国内業者の特徴についてチェックしておきましょう。

追証あり

先程もご紹介させて頂きましたが、「追証の有無」というのが国内FX業者と海外FX業者の違いです。
国内FX業者は「追証あり」で、証拠金以上の損失を出してしまった場合は、その分を補填する必要があります。

もちろん、無理なレバレッジを掛けたり、乱高下が激しい相場でトレードしない限り追証出てくるケースは稀ですが、ビギナートレードーには不安な要素の1つになるのは間違いないでしょう。
もしかすると「借金するをするかもしれない」というメンタルでトレードするのと、「追証なし」で取引するのでは、安心感が全く違います。
「追証あり」では、一部のトレーダーから低いと不満が出ているレバレッジ25倍でも、リスクがかなり高いと言えるでしょう。

スプレッドが狭い

初めから国内FX業者のデメリットをご紹介してしまいましたが、「スプレッドが狭い」というのはやはり魅力の1つです。
スプレッドが狭いという事では、トレーダーが有利な価格で決済出来る可能性が高いという事であり、勝率も左右する要素の1つになるでしょう。

しかし、この点に海外FX業者も工夫しつつあります。
というのも、海外FX業者は固定の手数料を支払う事で、スプレッドを狭くするという口座を用意している業者がいるからです。

その1つが「XM」。
「XM」では、「Zero口座」という口座を提供して最狭0pipsというスプレッドの狭さを実現しています。
(固定手数料5ドルが必要になります。)

このような口座を用意している海外FX業者は増えてきており、国内FX業者のスプレッドの狭さというのも、メリットとしては薄まりつつあるでしょう。

税金が安い

海外FX業者と国内FX業者の違いであり、最も大きい国内業者のメリットが「税金が安い」という点です。
海外FX業者でも、国内FX業者の場合でも、所得税の所得区分は「雑所得」に該当します。

そのため、海外FX業者は通常の雑所得の税率通りに、納税額を算出する事が可能です。
しかし、国内FX業者の場合は「先物取引に係る雑所得等」に該当し、一律で20%の税率が適用されます。

例 5000万円の利益を挙げた場合
国内FX業者の場合 税率20%(所得税15%+住民税5%)
国内FXの場合 納税額
5000万円×20%=1000万円

海外FX業者の場合 税率55%(所得税45%+住民税10%)
5000万円×55%=3025万円

国内FXと海外FXでは、税金が2000万円以上違う!
(控除等も計上すると誤差があります。)

国内FX業者の税金面でのメリットは、繰越控除の対象である点も大きいです。
繰越控除というのは、損失を最大3年間まで繰り越せる控除の事で、

例えば、
前年500万円の損失 今年3000万円の利益という状況であると想定します。
この場合、繰越控除を利用すると
「3000万円ー500万円=2500万円」
という利益を計上する事が可能で、3年間までの損失で「利益」を圧縮する事が可能です。

税金の面では国内FX業者のメリットは大きく、もしも海外FX業者で多額の利益を得た場合は、法人化等を検討する必要があるでしょう。
海外FX業者の法人化についてはこちら

ズバリおすすめなのは「海外FX」

海外FX業者と国内FX業者の特徴をご紹介させて頂きましたが、結局「国内FX or 海外FX」のどちらがおすすめなのでしょうか?
結論から言うと「海外FX」です。

・追証なし
・安心のNDD取引
・約定力の高さ
・税金はある程度対応可能(法人化等)

上記のような理由から、海外FXの方がおすすめだと言えるでしょう。

おすすめの海外FX「XM」

海外FX業者と一括りしても、沢山の業者が選択肢に入ってきます。
その中で、おすすめしたい海外FX業者は「XM」です。

XMの概要・特典

XMの基本スペックは、

スプレッド 手数料 約定力
1.80pips(平均) 無料 0.276/秒

(スタンダート・マイクロ口座の場合)
「XM」の「スプレッド・約定力」は他の海外FX業者と比較した時に、スペックが高いです。
スプレッドの広さが少しネックですが、Zero口座を開設する事で「最狭0pips」で利用可能です。

また、特典で無料の口座開設をするだけで「3000円」のトレード資金が用意されるので、開設するだけでもお得!

-FXの基本
-, ,

Copyright© XM口座開設のススメ【海外FXの教科書】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.