両建てのメリットとデメリットを解説!XMでは両建てが禁止されている?

両建て

両建てのメリットとデメリットを解説!XMでは両建てが禁止されている?

投稿日:

両建ては必ず儲かる魔法の取引手法?

FXの取引テクニックを調べてみたことがある方は、「両建て」という手法を一度は目にしたことがあるかと思います。 簡単に言えば売りと買いのポジションを同時に取るというものですが、紹介するサイトによっては「両建てはFX必勝法」「必ず儲かる」などの謳い文句と共に紹介されていることもあります。 ある程度の経験者であれば、そんな甘い話はないだろうと懐疑的に見ることができるでしょう。 しかし、FX初心者からすると両建てが必ず儲かる魔法の手法のように見えてしまうことがあるのです。 そこで今回は、両建てのシステムについて、メリットとデメリットを合わせて解説していきます。 また、XMで禁止されている条件なども詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

両建てって何?

両建てのメリットとデメリットを解説!XMでは両建てが禁止されている? 両建てとは、狭義では「同じ通貨ペアに対して同じだけの売りと買いのポジションを保有するトレード」となります。 広義では、売りと買いのポジションに差を付けたり、影響しあうだろう別の通貨ペアでそれぞれ売りと買いのポジションを持つというトレードなども含まれます。 それでは、売りと買いの両方のポジションを持つことで一体何が起きるのでしょうか。 売りと買いのポジションはそれぞれ逆方向に損益が動きます。 この両方を同じだけ持つということは、仮にその時点で売りが大きく利益を出したとしても、それと同じだけ買いで損失が出ると言うことです。 つまり、両建てした瞬間にその通貨ペアに関する損益の幅が固定されると言うことになるわけです。

両建てにはどういうメリットがある?

続いては、両建てによって損益を固定することでどんなメリットが生まれるのかを考えていきましょう。

損失を固定してロスカット回避

現在のポジションの損失が増えてきて、このままではロスカットされそうだが追加入金もしたくないというときに、反対のポジションを同じだけ建てます。 すると、その時点で損失の幅が固定され、ポジションを保有したまま損失額が動かないという状況になります。 そうすれば、その通貨ペアの次のトレンド発生まで追加入金することなく待つことができます。 また、その間に他の通貨でポジションを持って勝負して、その利益で最初の損失分を埋めることできるようになった段階で全てを決済するという方法も取ることができます。

利益を固定して次のトレンドに備える

現在のポジションで利益が出ているとき、そこで決済してしまえば利益が確定します。 しかし、もう少し待てばまた良い波が来そうだと予想するならそこで両建てをします。 その後、予想通りに良いトレンドが来たなら、後で建てたポジションを決済して最初のポジションの利益を伸ばすことができます。 もし、マイナスに値が動いたとしても両建てした段階で利益が固定されているので、その場合は両方のポジションを決済すればその分の利益を得ることができます

最初から両建てでポジションを取る

最初から両建てでポジションを取るという手法もあります。 この場合は、値が動いた方向のポジションだけを残して決済することで、利益を得るというものです。 ただし、この手法は値動きが小さい銘柄ではあまり利益を出すことができません。

XMは両建てでもロイヤリティーポイントがもらえる

XMにはロイヤリティ(XMポイント)というシステムがあります。 これは、トレード毎にそのロット数に応じたXM独自のポイントを受け取れるというものです。 ロイヤリティは現金への換算やトレード資金に交換できるので、つまりは証拠金への還元ということですね。 そしてこのロイヤリティは、両建ての取引でもそのポジションを10分以上保持することでもらうことができます

両建てにデメリットはないの?

ここまで読むと、とりあえず両建てをしておけば損しないのでは?なんて考えてしまう方も少なくありません。 しかし、両建てにもデメリットはあります。

決済のタイミングが難しい

両建てのメリットとデメリットを解説!XMでは両建てが禁止されている? XMでは両建てすると必要証拠金がゼロになるので、両建てして浮いた証拠金でさらに別のポジションを持つことができます。 しかし、両建てのポジションのどちらかを決済すると、その瞬間に両建てではなくなるため、もう片方のポジションを保持するための証拠金が発生します。 このとき、十分な口座残高がないとロスカットになる可能性があるのです。 自分の口座残高と必要証拠金、トレンドなどの要素をきちんと把握して両建てしないと、結果的に全て無くなってしまうということもあるので注意が必要です。

ポジションを建てるごとに取引手数料はかかる

両建てという手法は「両建てすることで損益を確定する」ということばかりに目が行きがちですが、結局は「ポジションを二つ取る」というものなのです。 つまり、両建てをする度に取引手数料がかかってくるということです。 闇雲に両建てを乱発していると、手数料ばかりが嵩み、最終的に利益を出すことが難しくなってしまいます。

損益は固定されているがスワップポイントはかかる

スワップポイントとは、いわゆるポジションを持っている間にかかる利息のことです。 通貨ペアを取引するFXでは、お互いの通貨の金利差をトレーダーが受け取る、または支払う決まりになっています。 このスワップポイント狙いのポジションを取るのもFXの上等手段ではあります。 しかし、両建ての場合、詳しい説明は割愛しますが必ずスワップポイントはマイナスになってしまいます。 そのため、両建てによって利益や損失は固定されますが、その状態が長引くとスワップポイントによって徐々に利益が圧迫、もしくは損失が拡大してしまうということです。 見通しの立っていない両建ては、むしろしないほうが良いと言えるでしょう。

XMならハイレバレッジで両建てが可能!

両建てを禁止しているFX業者もありますが、XMでは同一口座による両建ては禁止されていません。 また、もちろん最大で888倍というハイレバレッジでの取引でも両建てが可能です。 両建てはある程度証拠金に余裕がないと旨みがありませんが、ハイレバレッジを効かせて必要証拠金を下げることでそれをカバーすることができます。 ここからは、XMでの両建てについて詳しくみていきましょう。

XMで禁止されている両建て

両建てのメリットとデメリットを解説!XMでは両建てが禁止されている? XMでは同一口座による両建ては認められていますが、逆に言えばそれ以外の両建ては規約違反となり、発覚すれば口座凍結などの措置が取られてしまいます。 知らなかったでは済まされませんので、何が良くて何がだめなのかしっかりと押さえておきましょう。

複数口座による両建て

XMでは一つのアカウントで8つまで口座を開設することができますが、両建てが許されているのはあくまでも同じ口座の中での話です。 A口座で売り、B口座で買いというような両建ては禁止とされています。 これは、意図せず行ってしまった場合も含まれるので、各口座のポジション管理時にも気をつけておきたいですね。 また、複数人でグループを組み、Aさんは売り、Bさんは買いといったような形で取引をするのも禁止されています。 バレないだろうと思うかも知れませんが、取引の履歴や最終的な出金記録から探られるとすぐにグループを組んでいることはバレます。

他の業者を使った両建て

XMで買い、他のFX業者で売りポジションを持つことで両建てをする手法を紹介しているサイトもありますが、これも禁止されている両建てになります。 損した方の口座は追証無しで切り抜け、得がでた方だけ伸ばすという必勝法のように見えますが、これは規約違反の取引となっています。

同一通貨じゃなくても両建てとみなされることも

同じ通貨ペアでなくても両建てとみなされることがあります。 例えば、EUR/JPYの買いとEUR/USDAの売りのポジションのような買い方です。 同一通貨での両建ては気をつけている人でも、見落としがちなので注意しましょう。 特に、EAなどで銘柄をお任せして取引している場合に起こりやすいです。

両建ては、不正取引と間違われる可能性もある難しいテクニック

FXには、必ず勝てる方法はありません。両建ても決して必勝法ではないということは忘れてはなりません。 それどころか、使い方を誤ると規約違反とみなされて、利益没収や口座凍結などの措置がとられてしまうこともあります。 指南サイトを鵜呑みにしてリスクのある取引に手を染めることのないよう、十分確認の上で挑戦してみてくださいね。
管理人一押し!レバレッジ888倍で追証なし!最も信頼できる海外FX口座 XM Trading:口座開設方法を図解解説!
]]>

-両建て
-, ,

Copyright© XM口座開設のススメ|レバレッジ888倍でゼロカット※追証無し【海外FXの教科書】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.