XMでFXするなら知らなきゃ損!両建てを使った節税のやり方を解説!

税金対策

XMでFXするなら知らなきゃ損!両建てを使った節税のやり方を解説!

投稿日:

XMで利益が出ると税金を支払う必要があります

XMは海外FXなので、いくら利益が出ても日本に税金を納める必要はないのでは?と思ってしまう方も多いです。 しかし、海外の口座を利用したFXであっても、日本に在住している以上、国に税金の支払いをする必要があります。 いわゆる、「確定申告」というものです。 初めてFXを始めるという方は、この税金の取扱いについて戸惑ってしまうことが多いですよね。 また、これまで国内FXを利用していたという方でも、海外FXでは税金の種類が違うので注意が必要です。 今回は、初めにXMでの税金について概要を解説して、節税のポイントを紹介していきます。 応用編として、両建てを使った節税のやり方も紹介しますので、参考にしてみてください。

国内FXと海外FXで税金額が違う?

XMでFXするなら知らなきゃ損!両建てを使った節税のやり方を解説! FXの税金についてまず覚えておきたいのは、国内FXと海外FXでは同じ利益でもかかる税金が異なるということです。 国内FXでの利益に関しては「申告分離課税」となり、どれだけ利益が出ても税率は一律で20.315%(所得税15%+復興特別所得税0.315%+地方税5%)です。 利益が100万円でも1億円でも、そのうちの約2割を税金として支払うことになります。 一方で、海外FXでの利益は「雑所得(総合課税)」に分類されます。 雑所得は累進課税なので、利益がどのくらいあるのかによって税率が変化することになります。 以下の表が、利益とそのときの税率になります。
利益(千円未満は切り捨て) 税率(控除額)
195万円以下 5%(0円)
195万円超~330万円以下 10%(97,500円)
330万円超~695万円以下 20%(427,500円)
695万円超~900万円以下 23%(636,000円)
900万円超~1800万円以下 33%(1,536,000円)
1800万円超~4000万円以下 40%(2,796,000円)
4000万円超~ 45%(4,769,000円)
所得税の税率は表の通りですが、例えば200万円の利益が出たとき、10%の20万円を納めれば良いというわけではありません。 その額から、括弧内の控除額を引いた値が実際に納める所得税になります。 従って、200万円の利益が出た年は、200,000-97,500=102,500円が所得税になります。 また、2038年まではこの所得税の2.1%を復興特別所得税としてさらに納めることになりますので、102,5000×0.021=2153円が復興特別所得税になります。 そして、利益の額にかかわらず住民税が10%かかりますので、プラス20万円となり、最終的な納税額は102,500+2153+200,000=304,659円ということになります。 200万円の利益に対する割合を計算すると15.2%となり、国内FXで200万円の利益が出たときに支払う税金よりも安く済みます海外FXは税金が高いというイメージを持っている方も多いですが、実際には利益が431万円を超えるまでは(FX専業の場合)、海外FXの方が税金が安く済むのです。

忘れがちな確定申告!

XMでFXするなら知らなきゃ損!両建てを使った節税のやり方を解説! サラリーマンなど会社から給与を貰っている方の中には、確定申告をしたことがないという方も珍しくありません。 しかし、FXを始めるからには、確定申告は避けて通ることができません給与収入がある方なら20万円以上FX以外に収入がない方なら38万円以上の利益が出たら確定申告が必要になります。 毎年2月16日から3月15日の間に申告しなければなりませんが、もし忘れていた場合でも5年間は申告が可能です。

節税のためには必要経費をしっかり申告する

税金の対象となるのは、「取引によって得た利益」から「必要経費」を差し引いたものになります。 極端な話、利益よりも必要経費が上回っている場合には税金はかかりません。 そのため、いかにして必要経費を漏れずに申告するかが節税においては重要になります。 パソコンの購入費やモニター代、プラバイダの料金、教材費、セミナーの参加費などは必要経費として認められる可能性があります。 FXのために使ったお金は領収書などの管理できる形にして、きっちり説明できるように準備しておきましょう。

両建てを使った節税方法がある!やり方は?

きちんと必要経費を申告するのが、節税の近道であることは間違いありません。 しかし、申告できる経費にも限度がありますよね。 そこで紹介したいのが、「両建て」を応用した節税テクニックです。 両建てを上手く使えば、何百万円という利益を抑えて節税することが可能になります。 最後に、そんな両建てを使った節税方法のやり方を解説します。 もちろん、違法な方法ではありませんので、安心してください。

FXでは損失は繰り越せても利益は繰り越せない

XMでFXするなら知らなきゃ損!両建てを使った節税のやり方を解説! まず知っておきたいのは、FXでの税金に関する繰越控除についてです。 繰越控除とは、その年に控除しきれなかった損失は最高3年間に渡って繰り越すことができるというものになります。 例えば、年間の取引で100万円の損失が出た場合、その年の課税対象額は0円です。 その翌年に利益が50万円出た場合でも、繰り越した100万円の損失と差し引き、50万円の損失として考えるので課税対象額は0円のままです。 そして、さらにその翌年に100万円の利益が出たら、残った損失額50万円と差し引いて課税対象額は50万円となります。 50万円の利益に対する税金は約9万円なので、3年間での最終的な収支はプラス40万円になります。 しかし、この順番が逆転すると話が変わってきます。 例えば、最初の年に150万円の利益が出た場合、その年は約25万円程度の税金を支払うことになります。 そして、翌年に損失が100万だった場合には課税対象額は0円です。 すると、最初のケースと利益と損失の総額は同じはずですが、最終的な収支は150-25-100=25万円ということになってしまうのです。 回り道をしましたが、とにかく、FXでは損失は繰り越せるが利益は繰り越すことができないということです。 そのため、大きな利益が出ても、翌年以降の取引が安心して行えるということにはならないのです。

両建てで確定利益を含み益に変換

上述の通り、FXでは利益を繰り越すことはできません。 ただ、ここで言う利益というのは「確定した利益」という意味になります。 確定した利益というのは、ポジションを決済して自分の口座残高として計上された利益のことです。 つまり、ポジションを持っているだけの「含み益」なら確定した利益ではないので、翌年以降にも繰り越すことができるというわけです。 そこで使えるのが、「両建て」です。 例えば、600万円の確定利益を、200万円の確定利益と400万円の含み益に換えるケースで考えてみましょう。 やり方は非常に簡単です。まず、両建てで取引を開始します。 そして、その後為替レートが動き、含み益・含み損が400万円になった時点で、含み損のポジションのみを決済します。 そうすることで、600万円の利益のうち400万円が損失として確定するため、確定利益は200万円になりますが、両建てした残りの含み益が400万円分残った状態になります。 これだけで、手順は終了です。 こうすることで課税対象額は200万円となり、支払う税金も40万円程度で済みます。 そして、来年以降にもし損失が出てしまったとしても、含み益の400万円で相殺することができるというわけです。 もちろん、った含み損のポジションはすぐに持ち直して、両建ての状態を維持するようにしてください。 そうしなければ、為替レートの変動によっては400万円の含み益が減ってしまう可能性があります。

税金対策をしっかりすれば利益も拡大!

あまり経験がない方からすると、確定申告で必要経費やらを細かく申告するのが煩雑で難しいと感じるかもしれません。 しかし、FXで儲けるには、単純な取引での利益だけを考えるのではいけません。 例にも出しましたが、取引結果は同じでも、税金対策や両建てで含み益の繰越をしているかどうかで、手元に残るお金は大きく変わります。 FXを長く続けていくためには、このような細かいテクニックも駆使する必要があります。 どれも、やり方自体は難しくありませんので、できる範囲から始めてみて下さい。
管理人一押し!レバレッジ888倍で追証なし!最も信頼できる海外FX口座 XM Trading:口座開設方法を図解解説!
]]>

-税金対策
-, , ,

Copyright© XM口座開設のススメ|レバレッジ888倍でゼロカット※追証無し【海外FXの教科書】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.